JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

1歳8ヶ月のポメラニアンです。膝骸骨脱臼のステージ3と診断され、去年の9月に右足、12月に左足を手術しました。右足は

解決済みの質問:

1歳8ヶ月のポメラニアンです。膝骸骨脱臼のステージ3と診断され、去年の9月に右足、12月に左足を手術しました。右足は成功したのですが、左足は手術していただいてすぐから、痛がらず手術前と何も変わらないと思ってたら、数日後診察に行くと、手術前とかわらず外れてらるてると言われて、更なる手術を勧められました。でも、説明では、最善をつくすが良くなるかは、わからないといわれ、これ以上痛い思いはさせたくないと、手術はあきらめました。右足もいつ同じように外れるかはわからないと言われました。
今後、注意すること、散歩の程度等、アドバイスいただけたらと、思います。ドッグランみたいところには、連れていかないほうがいいのでしょうか?
宜しくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
Japavet : おはようございます
Japavet : ご質問ありがとうございます
Japavet : 現在びっこや足をかばうようなことははありますか?
Customer:

Japavet :

るとしか返信がみられませんが、もう一度打っていただけますか?

Japavet :

また、今から少しオフラインになります。

Japavet :

必ず返信しますので、返答してもらいしばらくお待ちください

Customer:

すみません。お返事の方法が分からず、失礼な返答になってしまいました。

Customer:

今は、多分、両方の足が外れてしまっているようで、両方の足が、カクンカクンした状態で、歩いています。

Customer:

かかりつけの獣医さんからは、5、6年は大丈夫だろうけど、潤滑油みたいなものがなくなるころには、痛がるだろあし、歩けなくなるかもしれないみたいな事をいわれました。

Customer:

体重が増えないようにと、ダイエット用のドッグフードと、グルコサミンのサプリメントを与えています。他の物は、ほとんどあたえてはいません。

Customer:

本当は、治るのであれば、治してあげたいのですが、また痛い思いだけで、治らないのなら、可哀想で、家族会議でしないことにきめたんです。

Customer:

手術をしない方向に決めた時から、かかりつけの獣医さんでも、院長先生が診察してくださらなくなってしまい、どうしたらよいものかと、最近悩んでいます。

Japavet :

返信ありがとうございます。

Japavet :

そうでしたか。

Japavet :

選択肢としては

Japavet :

1、整形外科専門の病院へセカンドピニオンを求めに診察へ行ってみる

Japavet :

2、保存療法で様子を見る

Japavet :

ということになります。

Japavet :

保存療法で様子を見る場合は基本的には今やってもらっていることでいいかと思います。

Japavet :

膝の負担を増やさないために、体重を増やさない、激しい運動(早く走る、階段の上り下り、フリスビーなど)を制限する

Japavet :

筋肉は落とさないようにある程度の運動はさせる(長時間は避ける)

Japavet :

フローリングなど滑る床は避ける

Japavet :

などといったことになります。

Japavet :

また、ひざの軟骨に負担がかかるので、グルコサミンやコンドロイチンなどのサプリメントを与えることも友好です

Japavet :

すいません、有効です

Japavet :

ドッグランに関しては軽く遊ぶ程度であれば大丈夫ですが、興奮して走り回るようであればやめたほうがいいでしょう。

Japavet :

私は、今後のことを考えた時にやはり一度整形外科専門の病院でしっかりセカンドピニオンを受けてもらうほうがいいかと思います。

Japavet :

膝の脱臼を完全に治す方法はありませんが、手術方法は様々で、うまくすると治せる可能性は十分ありますので。

Customer:

ありがとうございます。

Customer:

整形外科専門医は、検索するとでてきますか?

Customer:

近くにあるのであれば、ぜひ連れて行きたいとおもいますが、遠方であれば、なかなか…。

Japavet : こういうサイトhttp://pet.caloo.jp/hospitals/search/all/all/d13でも調べれますし、動物病院 整形 などで検索してもらってもいいでしょう。
Japavet : 病院によっては紹介状や予約がいるところもあるので、確認はしておいたほうがいいでしょう
Customer:

大変わかりやすく教えていただきありがとうございます。

Customer:

まだまだ若いですし、これからの方が長いので、良くなる方向で考えていきたいとおもいます。

Customer:

大切な家族なので…。

Customer:

ありがとうございます。

Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問