JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

10歳の雑種オス猫について相談させてください。前から月に1回程度、食べたばかりのカリカリを形が残ったまま吐くことがありました。続けて吐いたり、日に何度も吐くことはありませんでした。

解決済みの質問:

10歳の雑種オス猫について相談させてください。前から月に1回程度、食べたばかりのカリカリを形が残ったまま吐くことがありました。続けて吐いたり、日に何度も吐くことはありませんでした。食欲旺盛でがっついて食べるせいだと思っておりましたので、一度にお皿に入れる量を少なくし、回数を多くして与えておりました。昨年10月末の予防接種の時に血液検査をしたところ「リパーゼが少し高い(1333 IU/L)し、GPTも76と高いので、膵炎・肝臓に異常があるかも」と言われましたが、「様子をみよう」と言われ、その時は特に薬は処方されませんでした。生後半年くらいの時の検査時に「クレアチニンが子猫としては高いので腎臓が弱い」と言われ、ずっと年に2回以上は血液検査をしておりました。4年半前に「心臓に雑音がある」と言われてエコーやレントゲン検査をしたところ、左室流出路狭窄・左室肥大(肥大型心筋症)と言われ、またクレアチニンが2.2あったため、腎臓・心臓によい薬として「チバセン5mgの半錠を毎朝与えており、そのお陰かクレアチニンは2.0~2.2で推移し、BUNもずっと正常値です。子猫時から排便が3日に一度しかしない猫で、かといって排便に時間はかからず、太めの便ですが排便に辛そうなことはありません。少しでも回数が増えればと思い、2年前から「ロイヤルカナン消化器サポート(可溶性繊維)」を与えておりますが、便が多少柔らかくなった程度で回数は増えません。今年の2月になって、3日に一度の固い便の数時間後に軟便をすることがあり、粘膜状のものに少しだけ血が混じっていたため慌てて受診したところ、「胃腸か膵炎の可能性あり」と言われ「ファモチジン半錠、プレドニゾロン半錠、オレンジ色の薬(名前も記号もない楕円形)1錠を1日置きに朝1回与えるように言われました。状態としては食欲が少しだけ落ちて、多少元気がないかも?と思う程度でした。3月に入り、4日と5日の朝食後すぐに吐きました。いずれも朝1回吐いてケロっとして、しばらくするとまた餌を欲しがり、食べても吐がず元気に動き回っています。念のため受診したところ「慢性膵炎」と言われ、またファモチジン半錠、プレドニゾロン1錠(前回より増量)、オレンジ色の薬1錠を1日置きに朝1回与えるように処方されました。調べてみるとプレドニゾロンはステロイド系のようですが、体重5.5キロの猫にそんなに飲ませてもよいのでしょうか?  他の薬を処方されてからチバセンは飲ませてはおりません。
ちなみに血液検査の結果は下記のとおりです。
家に帰ってよく見たところ、今日の検査でGOT GPTが急に下がっていますが心配はないのでしょうか? 主治医はあまり説明してくれませんでした。
【2014.10.27】
クレアチニン 2.1
BUN 24
GLU 125
GPT 76
リパーゼ 1333
【2014.11.17】
クレアチニン 2.0
BUN 26
GLU 123
GPT 50
GOT 54
Amy 548
リパーゼ 1240
【2015.2.20】
クレアチニン 2.2
BUN 25
GLU 152
GPT 46
GOT 23
Amy 562
リパーゼ 1399
Snap DPL 検査 (-)
【2015.3.5】
クレアチニン 2.0
BUN 24
GLU 146
GPT 10
GOT 7
Amy 602
リパーゼ 1258
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
まず、猫ちゃんの慢性膵炎の診断はかなり難しいです。
症状として、間欠的な嘔吐や食欲不振、腹痛などになり、血液検査でもあまりはっきりしないことが多く、実際には膵臓の生検などをしないとわかりませんので、本当に膵炎があるかどうかはわかりません。
fPLIといわれる特殊な血液検査をすると比較的わかることが多いですので、それを調べるのは一つの方法かと思います。
ただし、これでも100%の診断はできません。
プレドニンはネコちゃんでは比較的耐性が高いので、それくらいの量は飲ませても問題はありませんが、一か月以上続ける場合は注意が必要です。
正直、どこまでステロイドが必要か不明ですので、症状が変わらないのであれば、やめてもいいかと思います。
それからGPTやGOTは特に下がって問題のあるものではないので心配はいりません。
私としては甲状腺機能亢進症などの可能性もあるかと思いますので、甲状腺ホルモン(T4,fT4)と膵炎の数値のfPLIを測ってもらうといいかと思います。
ただし、嘔吐なども増えてきていないのであればそれほど気にしなくてもいいレベルかもしれません。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問