JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
merqryに今すぐ質問する
merqry
merqry, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業Ph.D
68561268
ここに ペット に関する質問を入力してください。
merqryがオンラインで質問受付中

カニンヘンダックス5才のオスです。体重は3.1キログラムです。3日ほど前から急にあまりの動かなくなりました。普段はゲ

解決済みの質問:

カニンヘンダックス5才のオスです。体重は3.1キログラムです。3日ほど前から急にあまりの動かなくなりました。普段はゲージから出るとソファーに飛び上がって来たのですが、呼んでも来ようとしません。食欲も普通にあり、便も1日2回しています。尿のも数回しています。元気よく吠えても居ますが、明らかに走らなくなりました。歩くときに小さな音がコツコツとするような気がします。
おととい近くの獣医で診てもらいましたが、血液検査も他も異常はないようだと言われましたが、なんともないようには思えないのですが?どうすればいいでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  merqry 返答済み 2 年 前.
こんにちは。
5歳のワンちゃんの動きが3日前から鈍いということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
体を触ってどこか痛がるところはありますでしょうか?
検査は血液検査だけでしょうか?
コツコツ音がするとのことですが、どの辺りから音がしますでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.
3日前に主人が抱き上げた時一度だけ小さくないたようです。それからはなくことはありませんが、先ほど後ろ足を触ってみたところ、キュンという小さな声がしたような気がしました。歩く時の音は、はっきりわかりませんが後ろ足の方でしたように思えました。獣医の検査は血液検査、触診、(足の部分など)歩かせてみる、体温測定でした。おやつを見せると夢中で走っては来ますがそれ以外はじっとしているか、ゆっくりあるいているようです。普段からあまりの動かずじっとしているタイプではありますが、ちょっと違うように感じます。
専門家:  merqry 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
食欲があり、歩こうとすれば歩けるがあまり動こうとしない、ということであれば、可能性として非常に高いのは椎間板ヘルニアによる腰の痛みがあげられます。
それ以外にも膀胱結石などの泌尿器系の結石関係も痛みの原因になります。
5歳なので去勢手術をされていないのであれば、前立腺炎なども痛みの原因になると思います。
今の病院では原因がはっきり分からず、治療に行き詰っているということであれば、大き目の病院に変えていただき、上記の点を調べていただくことをお勧めいたします。
検査としましては、神経学的検査(四肢の感覚や麻痺、痛みの有無を調べる検査)、レントゲン、必要ならば腹部エコー検査(レントゲンで前立腺が大きいときにその断層像を見るためなど、また結石の有無を調べるためにも有効。)をお勧めいたします。
他にはまれに膝蓋骨脱臼などの整形疾患による痛みの可能性もあるかもしれませんが、それも触診にてある程度分かると思います。
またもし再度血液検査をされる機会があれば、CRPという急性炎症のマーカーを測定することもお勧め致します。
今していただきたいことは、動かさないで安静を保つことです。椎間板ヘルニアであった場合、無理に動くことで症状が悪化して急に下半身に麻痺がでることがありますので。
またもしかしたら、すでに麻痺がでていて後肢の爪を引きずる音がコツコツ聞こえている可能性もあると思います。
サークルがあるのであれば、その中に入れるなどして行動範囲を制限してあげてることをお勧めします。
そしてなるべく速やかに受診されて、特に腰の痛みについての評価をしっかりしていただくことをお勧めします。
犬を抱っこするときは必ず腰に負担がかからないように、胸を片手で持ち上げるのではなく、両手を使って胸とおしりを左右の手で支えて持ち上げるようにすることをお勧めいたします。
merqryをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問