JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
crestに今すぐ質問する
crest
crest, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 15
経験:  国内獣医科大学卒業院長経験あり
65257513
ここに ペット に関する質問を入力してください。
crestがオンラインで質問受付中

現在一歳7カ月になる黒柴の男の子を飼っています。 生後8カ月くらいから、抱こうとすると唸りながら手に穴が空いてしま

質問者の質問

現在一歳7カ月になる黒柴の男の子を飼っています。
生後8カ月くらいから、抱こうとすると唸りながら手に穴が空いてしまう程噛まれました。
その頃から、唸りやお腹を出していたと思うと急に向きを変え噛んできたりしました。
今では、散歩に行く為綱をつけようとすると急に手を噛んでそれでも足りないときは足まで噛んで離しません。
つい先日、綱をつけようと普段つけている綱からお散歩用に変えようとした時に綱から離れてしまい、私と母に唸りながら母は逃げ切りましたが、私を追いかけ太ももを二箇所噛まれました。いつ豹変するか分からず、室内で飼ってしっかり重石で繋いでるので自由ではありませんが、怖くて今後どうしていいか分かりません。機嫌がいいと擦り寄って来ますが全く抱くことが出来ず悲しいです。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  crest 返答済み 2 年 前.
大変ですね。
突然襲ってくるわんちゃんの怖さはわかります。
なにかの縁で出会ったのでしょうから、お互いに仲良く過ごしたいですね。
お力になれるかどうかわかりませんが、以下のことを参考にしていただければと思います。
原因の背景には、わんちゃんの社会科不足、臆病な性格などが関与しているかと思います。
また、それ以外にも攻撃の「スイッチ」となるものがあるかもしれません。
1歳7ヶ月齢であれば、問題行動を完全になくすことは難しいかもしれません。
しかし、わんちゃんとの付き合い方を少しずつ工夫していきながら噛まれない方向に持っていくことはできるかもしれません。
以下のことをできる範囲でやってみましょう。
1.原因、スイッチとなる行動をしること
いただいたお話の中にはリードを付け替えようとすると噛んでくるということでしたが、他にこうすると噛んでくるということはないでしょうか?もしそういったスイッチとなるものがあるのならば、そのスイッチを押さないように工夫してみてはいかがでしょうか?
例えば、リードを付け替えることが問題ならば、リードを付け替えずに同じリードをつなぎっぱなしで散歩に出かけてもいいかもしれません。
また、もし御家族の中でわんちゃんを手で叩くといった恐怖を与える行為をしている方がいるようならば、やめるようにしましょう。
わんちゃんだって痛かったり、怖かったりするのは嫌です。そういったことをしてくるヒトに対しては当然攻撃行動に出るかと思います。
2.手(ヒト)は怖くないもの、いいものと教える
日々あげる食事やおやつをなるべく直接あげるようにしましょう。
できれば手で上げるようにした方がいいと思います。
手からご褒美をあげることを繰り返すことで、手やヒトに対する印象をよくしていくことができます。
根気が必要ですが、確実な方法です。
時間が許すのならば、ドライフードを一粒ずつてであげるようにしてもいいですよ。
3.手でなにかをあげながら、体を触る
手からご褒美をあげることに慣れてきたら、手でご褒美をあげながら、体を触るようにします。
少しずつ慣らしながら、ゆっくりと触れられるようにします。
その際、やさしくほめながらやると効果的です。
4.ストレス解消法をみつける
散歩やボール遊びなど好きなことを見つけてあげて、なるべくストレスを解消するようにします。
体を動かすことで、攻撃行動を少なくすることが期待されます。
5.噛む衝動を別の物に向ける
普段から噛むおもちゃ(デンタルガムやコングなど)を与えることで、噛む衝動を別のものにうつしてみてもいいかもしれません。
噛みたい欲求を別のものに向かわせることで人間側への噛む欲求を少なくすることができるかもしれません。
6.動物病院へ相談する
おうちでできることをやっていただきながら、精神安定剤を用いて、リラックスできるように動物病院の先生に相談してみてもいいと思います。
精神安定剤単独での効果は低いですが、他の方法と組み合わせることで効果が期待できます。
また、賛否有りますが虚勢手術をしてみることも考えたほうがいいかもしれません。
7.大学病院へ行ってみる
お住まいの場所にもよりますが、本気で問題行動をなおそうと考えていらっしゃるのならば、東京大学動物医療センターに問題行動専門のセクションが有ります。
獣医動物行動学研究室
http://www.vm.a.u-tokyo.ac.jp/koudou/j-clinic1.htm
上記サイトにアクセスし、受診されるのもひとつの方法です。
以上、考えられることを書かせていただきました。
最後に大事なこととして、ご家族全員で問題行動に取り込むことをお願いします。
ご家族全員で行なわないと、わんちゃんは混乱するばかりか、問題行動が悪化する恐れが有ります。
また、年齢的にも一足飛びで解決できる問題ではないかと思います。長い目で見ながら、無理のない範囲でがんばってみてはいかがでしょうか?
わからないことや、追加でのご質問があればよろしくお願いします。

ペット についての関連する質問