JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

愛犬のげんきがありません。5歳のトイプードルで、 3年前の冬、急性肝炎で入院。昨年の夏、膵炎にかかり、併発した胆泥症

解決済みの質問:

愛犬のげんきがありません。5歳のトイプードルで、 3年前の冬、急性肝炎で入院。昨年の夏、膵炎にかかり、併発した胆泥症を現在も治療中。また先天性の高脂血症も投薬治療中です。
いつもはとても元気な子ですが、今日1日お留守番の時間が長かったせいなのか、そばを離れようとせず、伏せっています。
食事は与えると食べます。下痢、嘔吐はありません。ただ、あまりおしっこをしません。
昨年の膵炎の時のような感じとも違うようですが、何かまた疾患でもあるのでしょうか?
正月休みでかかりつけの病院がお休みで困っています。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 2 年 前.
Japavet : こんばんわ
Japavet : ご質問ありがとうございます
Japavet : それは心配ですね
Japavet : 正直なところ、その症状は、病的なものなのか
Japavet : 留守番のストレスでそうなっているのか判断はつきません。
Japavet : ただし、ご飯を食べて嘔吐も下痢もないのであれば
Japavet : 少なくとも重症の膵炎や肝炎ではないですし
Japavet : 緊急的な病気である可能性は低いかと思います。
Japavet : とりあえずはできるだけストレスの少ないように
Japavet : そばでゆっくりさせてあげて、様子をみてください。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問