JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

17歳6ヶ月の猫の下唇に2ヶ月程前から最初は膿の溜まった様な出来物ができ何度か破れてはまたでき、いまでは1センチ程の

解決済みの質問:

17歳6ヶ月の猫の下唇に2ヶ月程前から最初は膿の溜まった様な出来物ができ何度か破れてはまたでき、いまでは1センチ程の大きさでぶらさがるようになっています。また9月頃から食欲もなくなりあきらかに元気がありません。オシッコの回数も1日2,3回です。病院に連れて行ったところ血液検査の結果腎機能が少し落ちているだけでそれも数値的には問題なく炎症反応もないとのことでした。ただ、うちの子は病院嫌いで先生にそれ以上の診察をさせてくれませんでした。口の中には目に見える範囲では腫瘍らしきものはないようだといわれました。その後病院で大暴れしたせいかますます元気も無くなり心配です。今出来る最善のことをお教え下さい。なお3年前にもう1匹の子を病院の言われるままに抗がん剤治療をしてとても辛い思いをさせた経験がありどう対処するべきか迷っています。アドバイスをお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 3 年 前.
Japavet :

おはようございます。

Japavet :

ご質問ありがとうございます。

Japavet :

そのものは腫瘍ぽいのでしょうか?

Japavet :

それとも膿のたまった膿瘍でしょうか?

Japavet :

まだ回答はしておりません。

Japavet :

私の情報リクエストにお答えください。

Customer:

破れると血がでます。その都度小さくなりじょじょにまた膨らんできます。膨らみが最初は白っぽく、次に赤くなり、黒くなり破れます。なかなか触らせないので硬さは正確には確認できませんが、こぶのような硬さではないようです。

Japavet :

返信ありがとうございます。

Japavet :

腫瘍の場合は、ほとんどが実質性であり、中に血液や膿がたまることは少ないです。

Japavet :

ですので、炎症や可能である可能性が高いです。

Japavet :

それであれば消炎剤や抗生剤での治療をしてみる価値があると思います。

Japavet :

お薬は使われたことはありますか?

Customer:

一切ありません。なぜなら、とにかく用心深く神経質な性格で飼い主にも口の周りにも触らせません食欲も落ちている中で薬を混入することも難しいと思います。


Japavet :

そうなるとなかなか難しいですね。

Japavet :

他の方法としては2週間効く抗生剤のお注射があります。

Japavet :

少し腎臓に負担のかかることがありますが、

Japavet :

その部分がひどくなってきてしまう場合は、使ってみる価値はある胃でしょう。

Japavet :

あるでしょう。

Customer:

血液検査の結果は炎症反応はないとのことでしたが、肝臓障害のリスクを負っても注射を打ったほうがいいでしょうか?

Japavet :

局所の感染や炎症では、血中の白血球などの炎症反応の数値は変わりません。

Japavet :

腎臓への負担のリスクを負って使うかどうかは他の治療法の選択肢があるかどうかやその部分の状況次第ですが、なにも治療法がなくどんどん食欲も落ちてくるのであればリスクよりもメリットが上回るでしょう

Customer:

いい忘れましたが、ゴロゴロと喉を鳴らしますが常にその後苦しそうにします。唇との関連性は考えられますか?

Japavet :

実際に診ているわけではないので100%のことはいえませんが、あまり関係ないと思います。

Japavet :

それ以外の要因(肺や心臓)がある可能性もあります。

Japavet :

レントゲンなどの検査をしていないのであればそれもする必要があるでしょう。

Japavet :

他に要因があるのであれば抗生剤を使ってもあまり効果は出ないことが考えられますので。

Customer:

ありがとうございます。レントゲンは難しいので医師と相談してみる他ないようですね。

Japavet :

そうですね。

Japavet :

なにも治療法がないのであればある程度のリスクを覚悟の上で治療をしていくしかないと思います。

Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問