JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
merqryに今すぐ質問する
merqry
merqry, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業Ph.D
68561268
ここに ペット に関する質問を入力してください。
merqryがオンラインで質問受付中

1歳半の柴犬 アレルギーで薬使用に制限あり。今年の狂犬病注射でショック反応で倒れた。 現在元気だが朝元気なく吐

解決済みの質問:

1歳半の柴犬
アレルギーで薬使用に制限あり。今年の狂犬病注射でショック反応で倒れた。
現在元気だが朝元気なく吐く事があり、血便を数回した。
朝元気無くても夕方には元気になり食欲も戻る。尿・便検査は異常ない。
医者は肝臓の機能が弱った症状ではと薬治療中。5日経つが改善しない。
予防接種の影響ではないかと思っている。
他の病気の心配は無いかお聞きしたい。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  merqry 返答済み 3 年 前.
こんばんは。
5日前から吐いて血便を朝するということですね。ただし夕方には元気になるということですね。
少々お尋ねしますが、
今与えている食事の種類は何でしょうか?夕食と朝食でなにか違うものをあたえているでしょうか?
今回肝臓のことが気になるとのことですが、まだ血液検査はされていないということですね?
次回の受診予定はいつでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 3 年 前.

夜遅くすいません。

詳しくは8月28日:午前中元気なく飲まず食わず・・珍しかった

9月1日:朝吐いた跡があった。

2日:朝白い泡状のもの吐いた。散歩で便の最後に血便。

3日:元気

4日:血の混じった吐きもの、便も血便・・尿、便、吐き物持って獣

医行った。検査結果問

題なし。肝臓(たぶん

狂犬病接種の影響)の

薬等貰った。犬は連れ

て行かなかった。様子

見て対応とのこと。

5日:朝元気ないが吐かなかった。

6日:とくには問題なし。

7日:朝白い泡状の吐きもの。

8日:吐かなかったが血便。

食べ物

フード:ROYAL CANINセレクトスキンケア

その他:ビスケット、歯磨き、わんわんカロリ(元気ない時、薬与える時)

朝晩同じもの

血液検査は予防接種で倒れた時6月28日にした。肝臓だけ数値悪くその他問題無かった。肝臓も1週間で回復した。

今回5日分の薬で症状改善しなければ12日には連れて行くつもりです。

専門家:  merqry 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
9月から嘔吐などの消化器症状がでていますので、経過としてはやや長いですね。
狂犬病のワクチンは6月下旬のことなので、今回の消化器症状とは直接の関係はないと思います。
白い泡(胃液)を吐いたり血の混じったものを吐く(逆流性食道炎や胃炎)症状や血便(大腸の炎症なので大腸炎)の症状は、原因はまだ分かりませんが、炎症性の消化器疾患の症状です。
ワンちゃんはまだ1歳半と若いことと今までの経歴から考えて、まずは感染症、食物不耐性、アレルギー性腸炎、炎症性腸疾患(免疫疾患)などが考えられます。
症状がでた最初に検便などしっかりされておられますが、感染症の可能性を除外するために検便についてはなるべく数回されることをお勧めします。そのため次回の受診時も新鮮な下痢便を持参していただき検便されることをお勧めいたします。
消化器症状なので最初にするべき治療は肝臓よりは、むしろガスターなどの制酸剤と大腸炎の治療薬による対症療法による治療がよりふさわしいと思います。もし肝臓からの消化器疾患を疑う場合には薬を処方するまえに血液検査をする必要があると思います。
肝臓の薬で大腸炎は治りませんので、もしかしたら治療が合っていないため症状が改善しない可能性もあるかと思います。
対症療法による治療で効果がない場合には、肝臓の問題もあるかもしれませんから念のために血液検査をすると同時に、腹部レントゲンや腹部エコー検査、用手法による直腸検査(直腸粘膜の触診ということです。)をされることをお勧めいたします。
その結果大腸炎や吐き気に関係のある異常が見つかった場合には、それに対する治療をすることになります。
もし異常が見つからなかった場合には、ガスターや大腸炎の治療薬などは引き続き使用しつつ、食事療法をより厳密にする(例えば、消化器疾患用の消化器サポート系か、アレルギーを疑って低分子プロテインなどのアレルゲンフリーの食事かが候補として考えられます。)
また下痢便の原因となる菌などがいないかどうか調べるために新鮮な便での遺伝子検査(外注検査)をすることも感染症を除外するために有効です。
それでも症状が改善しない場合には、ワンちゃん自身の消化管に問題がある可能性があるため、もし検査するとしたら内視鏡による消化管粘膜の生検(麻酔が必要、できれば胃、十二指腸、大腸、小腸も含めて)をするか、ステロイド(免疫を抑える薬)を試験的に使用して治療による反応を調べてみるか、いずれかをされることをお勧めいたします。
つまり大まかな流れとしては、まずは検便と同時にしっかり大腸炎や胃炎の治療をすること、その次はもう少し範囲を広げて検査と食事療法(食事療法については最初の段階でしてもよいです)、それでも繰り返すならば、消化管の生検(大学病院などでされてもよろしいかと思います。)をするかステロイドによる治療を試験的にしてみるか、ということになると思います。
今の治療を開始してもう4日経っても改善していないので、はやめに受診されて、まずは大腸炎の治療をしっかりされることをお勧めいたします。
merqryをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問