JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
crestに今すぐ質問する
crest
crest, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 15
経験:  国内獣医科大学卒業院長経験あり
65257513
ここに ペット に関する質問を入力してください。
crestがオンラインで質問受付中

拝啓 3ヶ月程前に掛かり付けの病院で検査して頂いた結果ですが、脂肪の固まりとの検査結果を聞かされました。以来気を付けているのですが、固まりが少し大きく成って来た様に感じられ大変不安

解決済みの質問:

拝啓 3ヶ月程前に掛かり付けの病院で検査して頂いた結果ですが、脂肪の固まりとの検査結果を聞かされました。以来気を付けているのですが、固まりが少し大きく成って来た様に感じられ大変不安です。掛かり付けの医師では処置出来ないそうですので診断をお聞かせ頂ければと思います。宜しくお願い致します。
犬ー>6歳、オス雑種、体重24kg 症状ー>右前足付けねに卵より少し小さい柔らかな固まりが生じている。細胞?を注射器で摘出検査の結果脂肪の固まりと言われて居ます。
体調ー>元気です。食欲排便は普通です。餌ー>犬用のクッキー。室内での飼育。朝と夕刻の1時間から1時間半程度の散歩をかかしません。
このまま放っておいて構わないのかどうか心配して居ります。伊東市富戸 志賀一弘 敬具
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  crest 返答済み 3 年 前.
こんばんは。
できものができているとの事で、ご心配ですね。
皮膚の直下、柔らかいできものであれば、脂肪腫という良性の腫瘍、肥満細胞腫という悪性の腫瘍の可能性が高いとお話しすることが多いです。
通常は、どちらの腫瘍も針生検(すでに検査されている方法です)にて診断しやすいものです。ただし、確定診断を下すには摘出手術後の病理検査が必要です。
私は、針生検にて脂肪の塊が検出される場合は、脂肪腫と仮診断し、大きさに変化がないか経過をみていくことをお勧めします。
今回は、再度大きさに変化があるとの事ですので、ご心配であればもう一度針生検をしてみてはいかがでしょうか?かかりつけの先生に「心配なのでもう一度検査をお願いします」と、おっしゃってみることが一番いいかと思いますが、難しいようでしたら、他の先生のところで針生検をしてみてもいいかもしれません。
脂肪腫であれば、転移することはまず考えられないため、経過をみていくことをお勧めします。稀に脂肪腫が大きくなりすぎることで歩きにくくなったり、本人が気にするようになることがあるため、その場合は摘出をすることがあります。私の経験上、摘出後の再発はありません。
肥満細胞腫であれば、積極的な治療(摘出術+化学療法、または放射線療法)が必要になりますし、転移の兆候がないか追加で検査をする必要があります。
以上の内容で回答になりましたでしょうか?
もし、追加でご質問があれば返信をお願いします。
まだ6歳と、比較的若いので、なんともなく健康でいられるといいですね。
お大事にしてください。
crestをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問