JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 5401
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに ペット に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

アメショー4歳 雄 去勢済 6月半ばに尿道閉塞にて緊急で処置 結果 シュウ酸カルシウムが2個 腎臓機能等は異常な

解決済みの質問:

アメショー4歳 雄 去勢済
6月半ばに尿道閉塞にて緊急で処置 結果 シュウ酸カルシウムが2個 腎臓機能等は異常なし。
その日からsごはんをヒルズのCDに変更。
緊急だった為 その後はかかりつけの病院に変えましたが 約2週間程でまた石がつまってしまい又今度は麻酔をかけて処置 が それから1週間もたたないうちに又 なかなかおしっこがでない状態になり又 麻酔をかけて処置 その時は詰まってはいなかったので排尿時の痛みを怖がってできないのだろうとの事でした。
抗生物質と痛み止めの飲み薬をもらい帰宅。
その次の日から今度は嘔吐が1日2~3回あった為 病院へ 吐き気止めの注射と飲み薬を処方されて帰宅。
又 今朝 あちこちのトイレにいき結構ながい時間すわってはみるものの 出ない様子。
かかりつけの病院には設備は何もなく 先生の触診と問診のみです。
今後はどうしていったらよいのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
初めまして、質問有難うございます。
診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。
追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。
可能性としては尿菅結石がつまりかけている事が考えられます
尿菅は腎臓と膀胱の間にある管です。
腎臓でつくられた尿は尿管を通って膀胱に行きます
シュウ酸カルシウムではこの部分に結石が出来やすいので
対策としては
①お水を沢山飲ませる
②入院して点滴でガンガン輸液して数日排尿を沢山させて尿菅から石を出させる
併せて尿菅を少し広げると言われている薬もあるのでそれを併用する
③尿菅結石が見つかり、上記の対応で改善が無いなら手術する
④細菌感染もあるなら抗生剤を飲む
検査は超音波検査と膀胱から直接尿を採取して調べる事です
などが対応になります。
まずはより高度な治療が出来る大きな病院あるいは大学などの2次診療施設で
一度レントゲン検査や超音波検査をして、治療方針を決めましょう
質問者: 返答済み 3 年 前.

最初にかかった病院では内臓に負担がかるとの理由で麻酔なしの処置でした。

あまりの悲鳴に飼い主としていたたまれず かかりつけの病院では麻酔ありで

処置していただきましたが わずか10日足らずの間に2回も詰まってしまったので2回麻酔をかけています。

昨日の午前中に嘔吐の為にかかった際にはその段階ではおしっこも溜まっていないし脱水症状もみられないので 今の段階では血液検査等の必要はないとの事でした。

今日は未だにトイレには何回も場所をかえたりしていくのですがでている気配はありません。

短期間での全身麻酔を2回も使った事は内臓の負担などは大丈夫なのでしょうか

また 結石はこんなにも頻繁に繰り返すものなのでしょうか

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
腎不全になってなければ2回麻酔をかけても
特に問題はありません
これだけ症状が続いていることが異常なので
診断が必要です
このまま居ても変わらないならまだよいほうで
悪化してなにも出来ない状態になり、あの時に
きちんと検査で診断していたら助かったのにと
いう手遅れ状態を回避出来るでしょう
質問者: 返答済み 3 年 前.

何度も丁寧にありがとうございます。

血液検査もレントゲンも一番最初の時にしかやっていません。

人間も病気になっても見た目 問診 触診だけでは判断できないのと同じことですね。

問診と触診だけではやっぱり不安な部分も感じながらも他に行くことになんとなくそれはそれで不安を感じておりました。

しかし この頻繁な状況が異常との事。

至急 設備の整った病院を探し 診ていてだく事にします。

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
猫ちゃんのためにも早めに探してください
お大事にどうぞ
wantaroをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問