JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

6月13日に子猫を保護しました。生後1カ月半、メス猫、体重300グラム。 動物病院にて、健康チェックと駆虫(レボリ

質問者の質問

6月13日に子猫を保護しました。生後1カ月半、メス猫、体重300グラム。
動物病院にて、健康チェックと駆虫(レボリューション)をして頂きました。

翌日の朝から、ひきつけのような発作が起きました。
赤ちゃんライオンのようなギャオギャオ!という凄まじい声をあげて、
全身を硬直させ、ケージにガツガツ当たりながらグルグル回ります。

ひきつけは、15秒前後で止まり、しばらく放心状態になったあと、ケロッとしています。
その日は、そのあとも5分間隔、10分間隔、30分間隔、1時間間隔・・・と、夕方まで続きました。
動物病院での診断は、栄養失調による低血糖か、先天的なものか、生まれてから脳に何らかの
損傷を負ったか・・・という事で、なにぶん小さすぎるので、検査も処方も出来ないと言われました。

その後、4日間は発作も止まっていましたが、昨日6回起きました。尿失禁もあるようです。
昨日の時点で体重は350グラム。食欲旺盛で元気もありますが、その『ひきつけ』が心配です。
ウンチも下痢が続いています。(いったん固まったのですが、また下痢に戻ってしまいました。)
与えている餌は、動物病院ですすめられた『ヒルズのa/d缶』です。

ひきつけは、突発的に起こります。とくに、決まってこれをしていた時に…という訳ではないです。

しばらく我が家で面倒をみて、体力がついたら里親さんを探すつもりでいましたが、もし持病があるとなると、里親さんもなかなか見付からないのでは…と危惧しています。
この症状は、改善されるものなのか、元気に育ってくれるのか、どうしたら良いのか途方に暮れています。。。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 3 年 前.

Japavet :

おはようございます。

Japavet :

先ほど回答させていただきましたが、ご覧になれましたか?

専門家:  Japavet 返答済み 3 年 前.
チャットでのやり取りは終了しましたが、疑問点がある場合や補足の説明が必要であれば、引き続きお答えします。このページにお戻りいただければ、チャットでやりとりした内容の確認および疑問点をお問い合わせいただけます。

次のステップ

回答の評価はお済みですか?まだであれば今すぐ回答を評価してください。もし評価の前にまだ疑問点があれば、下記のテキストボックスから返信してください。
専門家:  Japavet 返答済み 3 年 前.
最初の回答が反映されていなければ、再度投稿いたしますので、返信のほうよろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 3 年 前.


回答が閲覧できないのですが、どのようにしたら良いのでしょう?

専門家:  Japavet 返答済み 3 年 前.
今再度回答しますので、10分ほどお待ちください。
おそらく、システムエラーかと思います。
専門家:  Japavet 返答済み 3 年 前.
まず、低血糖に関しては、食欲元気があって突然発作が起きるというのであれば関係はあまりないものと思います。

可能性としては
1.脳の異常
2.高アンモニア血症
のどちらかが可能性として高いかと思います。

脳の異常としては可能性としてはまずは先天性異常です。
これはお母さんが種々のウィルス(エイズ、白血病、伝染性腹膜炎、パルボウィルスなど)を持っていた場合、胎児の間に脳の成長異常を起こすことがあり、生まれてから発作や麻痺などが起きることがあります。
それから、そういったことがなくても突然変異で脳の先天異常が出てくることがあります。
他にはてんかんもちの子であることもあります。

脳の先天異常の場合、程度によって発作が徐々に治まってくる場合と、逆に進行して来たり、麻痺が出てきたりすることもあります。


それから、高アンモニア血症ですが、子猫ちゃんに比較的多いものになります。
これは肝臓の奇形や発育不良により、食後にアンモニアの代謝がうまくいかずに高アンモニア血症になって発作を起こすものです。
発作前後や食後のアンモニア濃度を測ればわかります。血液が0.5ccほど取れれば何とか検査ができるかと思います。
これは子猫ちゃんの時期に一過性に出ることもありますし、門脈シャンとと言って奇形のこともあり、それであると程度によって食事療法やお薬が必要になるかもしれません。


まずは発作のタイミングが食後であればアンモニアの測定はしてもらったほうがいいでしょう。
アンモニアが正常であれば脳の異常ということになりますが、まだその月齢で検査することは難しいので、その場合は良くなることを期待しつつ、場合によっては抗けいれん薬を飲ませてもらって様子を見ることになるでしょう。
質問者: 返答済み 3 年 前.

分かりやすいご説明、ありがとうございます<m(__)m>
そこで、補足質問をさせて下さい。


 


①脳の異常の可能性についてですが、母猫に育てられていた時、その母猫は隣家のベランダ下で育児をしており、3メートル位の高さから、子猫が転落しているのを目撃した事があります。私が知っているだけでも生後1カ月以内に3度は落ちています。それも原因として考えられるでしょうか?


 


②CTなどの検査は、どれ位の月例または大きさになったら可能なのでしょうか?また、脳の異常は完治できるのでしょうか?


 


③現在、ウンチはトイレでしていますが、オシッコは見当違いの所でしています。これは案にトイレを覚えられていないというより、てんかん等による尿失禁と考えた方が良いでしょうか?


また、下痢が続いているのは、ひきつけに関係ありますか?

専門家:  Japavet 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。

①それであれば可能性としては十分可能性はあります。てんらくによる脳障害の後遺症に伴う症候性てんかんというものは珍しいものではありません。

②脳の異常はおそらくCTではなく、MRIになると思います。
麻酔が必要になるのでその麻酔に耐えられる、気管チューブが挿管できるというのが条件になります。少なくとも3ケ月齢以降になっている必要はあるでしょう。
後は成長具合によります

③トイレをしているときが発作の起きているときでなければ、単にトイレがおぼえれていないという方が可能性としては高いでしょう。てんかん発作による失禁はありますが、発作時にほとんどはおこります。
専門家:  Japavet 返答済み 3 年 前.
すいません、あと下痢に関しては発作とは関係ないものと思います。
i/dなどの消化にやさしいご飯に変えられた方がいいでしょう。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.


おかげさまで下痢は止まったのですが、下痢が治ってから真っ黒な便が出ています…。元気はあります。食欲もあります。


でも、黒い便が気になります。


ネットで調べると、「小腸か大腸で出血しているため」とありますが、その可能性が大きいのでしょうか?


その場合は、投薬などで治りますか?


 


ひきつけは、18日(水)以降は消失していましたが、今日、便をする時に軽いひきつけを起こしていました。


元々のひきつけの症状と、この黒い便には、何か関係があるでしょうか…?

専門家:  Japavet 返答済み 3 年 前.
黒い便は上部消化管(胃や十二指腸)で出血した時にも出ますが、食事の内容などによっても黒っぽくなることがあります。
下痢や嘔吐がなく、食欲があれば様子を見てもいいでしょう。

ひきつけと黒い便にはあまり関連性はないと思われます。

ペット についての関連する質問