JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 5398
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに ペット に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

飼い犬が、かなり以前から尻尾を噛んで、皮膚が黒く盛り上がって硬くなっいる。

解決済みの質問:

飼い犬が、かなり以前から尻尾を噛んで、皮膚が黒く盛り上がって硬くなっいる。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
初めまして、質問有難うございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。

追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

皮膚は全体的に赤いですか?

フケは出ていますか?

ノミダニの予防薬は毎月つけていますか?

食餌やおやつは何を食べていますか?

痒みに季節性はありますか?

-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。

質問者: 返答済み 3 年 前.
皮膚は、赤く無いです。フケも出ていません。ノミ、ダニの予防薬はつけていません。餌は以前はサイエンスダイエットを食べていましたが、医者の指示で、アイムスのラムアンドライスに変えています。オヤツは、ササミジャーキーを2,3日に1回、リンゴを朝と夕に6分の1切れずつあげています。かゆみは年中ありますが、身体の湿疹は夏場になると出て来ます。今現在は湿疹はありません。
質問者: 返答済み 3 年 前.
皮膚は、赤く無いです。フケも出ていません。ノミ、ダニの予防薬はつけていません。餌は以前はサイエンスダイエットを食べていましたが、医者の指示で、アイムスのラムアンドライスに変えています。オヤツは、ササミジャーキーを2,3日に1回、リンゴを朝と夕に6分の1切れずつあげています。かゆみは年中ありますが、身体の湿疹は夏場になると出て来ます。今現在は湿疹はありません。
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
初めまして、質問有難うございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。

追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

おそらく食餌アレルギーとアトピーがあるのでしょう

アレルギーは治りませんので治療をやめると繰り返します。

大事なのはアレルゲンを減らす事、アレルギーの物質を特定すること、
アレルゲンがわかればそれを避ける(接触しない、食餌をアレルギー反応のない食餌に変更)することです。やみくもに食餌を低アレルギー食に変えても意味はありませんし
おやつも与えることでアレルギーをさける食餌を無駄にしています。

また抗生剤や抗ヒスタミン剤、ステロイド、免疫抑制剤
ノミダニを避ける薬をつける
消炎剤が入ったシャンプーなど様々な薬や方法をつかい
なるべく皮膚の痒みを抑える事が必要でしょう

色々な方法や食餌を変える事でなるべく治療を少なく、痒みを抑えて
生活するのが目標となります


別の病院で一度セカンドオピニオンを受けましょう
質問者: 返答済み 3 年 前.
オヤツは楽しみの一つなのですが、あげない方がいいのでしょうか?黒く硬くなった皮膚が、皮膚ガンになると、ネットに書いていたのですが大丈夫でしょうか?黒くなって硬くなった部分は治らない、尻尾を切るしか無いと医者は言っていたのですが、そうなんですか?
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
おやつもアレルギー検査をして、アレルギーの無いものに変えるしかありません

スペクトラムラボという会社のアレルギー検査では食べる事が可能な
おやつなどもわかります

皮膚がんにはなりません

切るしかないというのは無いと思います

セカンドオピニオンを受けましょう
wantaroをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問