JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

こんにちは。 愛猫の症状についてご意見を伺いたいと思います。 前回相談させて頂いた子です。(猫・2歳・女の子・M

解決済みの質問:

こんにちは。
愛猫の症状についてご意見を伺いたいと思います。
前回相談させて頂いた子です。(猫・2歳・女の子・MIX)

5月12日・夜10時ごろ突然走り出し背中やしっぽをピクピクさせたり激しく噛んだり舐めたりしながら走り廻り、瞳孔が開き口をあいて舌を出しハアハアと苦しそうに呼吸。
(症状としては「猫の知覚過敏」と同じでした)
この状態が30分以上続き、かかりつけ医に電話したところ診察して頂く事が出来、熱が少し高いがケガや痛みはないとの事で癲癇発作かもしれないとフェノバール1/4錠を飲ませて頂き帰宅。
その後も朝まで同じ発作が数回。

13日・医師の指示によりフェノバール1日3回1/2錠
口を開き舌を出して呼吸するような事はなくなったが背中やしっぽを気にしてる様子でピクピクさせ走り廻るような発作がまだ何回も起こる
長い時は、走って止まってと2時間ほど続き少し眠ってまた数時間と繰り返す。
食欲も排泄もいつも通り。

14日・受診
脳炎の可能性があるかもしれないとプレドニン1日1回1錠を処方

15日・発作の回数も時間も症状も少し軽くなってはきた

16日・プレドニンを飲ませたあと2~3時間発作が酷くなるような気がして主治医に相談。
プレドニンを飲ませるのをやめてみるよう指示される

17日・受診
血液検査は異常なし・熱もなし
症状は段々落ち着いてきている

20日・フェノバール1日2回1/2錠に減薬

23日・フェノバール1日2回1/4錠に減薬

24日・まだたまに背中としっぽを気にするがかなり落ち着いている。
昼も夜も今まで通り長い時間眠るようにもなりました

以上が経過です。
〇最初に発作を起こした場所は箱から出して組み立てたばかりの木製ハンガーラック(ベトナム製・ラッカー塗装)に乗って遊んでいた時です。
これが原因ではないと思いますが元々ニオイにすごく敏感な子でニオイを嗅ぐ時に目を細めて嗅ぐような子です。
〇一緒に保護した姉妹猫に比べて小さい時から背中やしっぽをピクピクさせる事が多いと感じていました。
〇他に気になるのが生後6か月に予定していた避妊手術の前に生後5か月で最初の発情を迎えてしまいました。
その後避妊手術を受けました。
昨年の5月にも突然激しい嘔吐を繰り返し受診しました。
急性胃炎の診断でこの時は1日で元気に回復しました。
今回も5月で発情の時期なのでホルモンバランスが崩れによる症状という事はないでしょうか。

主治医はこの症状も癲癇の一種。脳炎かどうかはMRIしかわからないが山梨には無いので県外まで連れて行き検査を受けるストレスを考えると薬で経過をみていったほうが良いとのはんだんです。
お薬を減らしていって「3か月の間に2回以上発作が起きなければ薬をやめる事もできるかもしれない」との事でした。

今日も背中としっぽを気にして振り向いて見たり、舐めたりしていますがぴくぴくさせてちょっと走る程度に落ち着いています。
まるで背中やシッポに何か付いてそれから逃げるような感じです。
フロントラインはしました。

主治医の事はとても信頼していますがネットなどで見る「てんかんの発作」とは全く違うような気がします。
発作が起きている時に抱き上げて全身を包むように抱くと落ち着くのか発作は治まります。
今まで抱っこは嫌いな子が抱っこで落ち着きそのまま眠るというのも不思議です。
お薬が効いて良くなってきているのか日にちが経つことによって良くなってきているのかもわかりません。
それと脳炎の可能性もあるんでしょうか?

このような症状で考えられることはありますか?
主治医以外の先生のご意見を伺いたく質問させていただきます。


どうかよろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 3 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

それはご心配ですね。

確かに症状はねこちゃの知覚過敏症候群かと思います。
この病気は今だにはっきりした原因がわかっておらず、てんかんの一つのタイプなのか、精神的なものであるのか、脳自体の異常であるのかということはわかっておりません。

去年も今年も5月ということですが、避妊手術をされているのであれば、性ホルモンが関連している可能性はまず考えにくいと思います。
やはりMRIで脳の器質的異常がないかどうか調べるのが一番ですが、やはり治療として、フェノバルビタールやジアゼパムなどの抗てんかん薬が今の所は一番効果があがっているということですので、症状がおちついてきているのであれば、肝臓の検査を定期的に受けつつ、薬の副作用がでていないかみながら治療を続けてもらうのがいいでしょう。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。


 


知覚過敏症候群だとしても原因や治療方法など分からない病気なんですね。


猫の病気の本などでは避妊手術を受けためす猫にはホルモン異常で皮膚の病気などなり易いと書いてあったのでその一種ではないかとも思ったんですが避妊済みだと考えにくいんですね。


 


小さい時からしっぽや背中を私が気になるほどいつもピクピクさせていたのは何か今回の病気の兆候とか他の病気という事はありませんか?


 


 

専門家:  Japavet 返答済み 3 年 前.
知覚過敏症候群は、まだすべてが同じ原因で起こっているのか、そもそもどういった原因で起こるのかがわかっていない病気です。
ただし、比較的若いころに出て、抗てんかん薬で治ることが多いということはわかっています。

それから小さいころのその症状はおそらくこの病気の予兆だった可能性はあるかと思います。
他にはてんかん発作の部分発作の可能性もあるかとは思います。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

分かり易く丁寧な回答ありがとうございました。


 


原因が分からない病気でまだまだ心配ではありますが、比較的若いころに出て、抗てんかん薬で治ることが多いとのことで少し安心することが出来ました。

ペット についての関連する質問