JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

猫6歳メスです。今年初めに風邪をこじらせ、鼻づまりがひどく、鼻炎の治療を続けていましたが、 3月終わり頃から 餌を全く食べなくなり、その時に病院を変えました。 二度目の病院では

解決済みの質問:

猫6歳メスです。今年初めに風邪をこじらせ、鼻づまりがひどく、鼻炎の治療を続けていましたが、
3月終わり頃から 餌を全く食べなくなり、その時に病院を変えました。
二度目の病院では 点滴を打ち、血液検査をしました。
4/1 ALP 785 GPT139 GOT78  4/4 1001 GPT101 GOT102 栄養を取るために食道チューブを付けましたが、一回目のチューブは四日で胃の中のチューブを吐いてしましました。吐いたチューブは中で折れてしまったようです。(点滴のチューブのように細い物でした)。次のチューブは前回の時とは全く異なった太いチューブが取り付けられていました。通院は一日おきにインターフェロンを打ってます。そのほか抗生剤、炎症止めの粉薬を餌に混ぜてあげています。 しかし先週火曜日に餌をあげた直後に吐いてしまい、病院へ連れていくと点滴と吐き気止めの治療をして落ち着いたのですが、病院が嫌いでストレスになるので通院をやめていたら、血の混じった鼻水(粘膜)が出て鼻づまりになりました。昨日は餌をあげるたびに吐いてしまいました。今朝病院へ連れていって点滴とインターフェロンを打ってもらうと落ち着き、呼吸も少し楽になります。いまだにはっきりした病名はわかっていません。この子は食道チューブを外せる日が来るのでしょうか?チューブはまた、付け替える手術が必要だと言われています。病院へ行くたびすごく暴れ、点滴を打つのも大変な子です。通院がすごいストレスになるのもかわいそうで、かと言ってチューブを外す決断もできません。この子のためにとの治療が、つらい思いをさせているのではと毎日悩んでいます。治る見込みはないのでしょうか?先生に確認してもあいまいな返事しかいただけません。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 3 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

それはご心配ですね。
血液検査以外には検査はされていないのでしょうか?

肝臓の数値が高いのと、食欲の廃絶、嘔吐という症状からは
1.膵炎
2.胆管肝炎や肝リピドーシスのような肝疾患
3.IBDやリンパ腫などの消化管疾患などが考えられますが、
超音波検査や内視鏡検査などはしていませんか?
もう少し情報をお願いします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

食道チューブを付けた時に 超音波検査をしたようですが、(請求されてました)説明はなかったようです。私が仕事が忙しく主人が迎えに行きました。


チューブの手術をするときに、触手で食道にできものがあると言われました。


内視鏡検査はしていません。

専門家:  Japavet 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。

いまやっている治療に関してはあくまで「対症療法」です。
対症療法は自然に収まってくれるような軽い病気の治療や時間を稼ぐためのもので、重度の病気には根本的な治療「原因治療」をしなければよくなってきません。

きつい言い方になりますが、良くなってきていないのに根本的な原因を探って治療していかないのであればよくなってくれる可能性は極めて低いです。
食道にできものが本当にあるのであればその治療が必要ですし、また、胃にチューブを入れているのであれば食道のできものというのは嘔吐の原因にはなりません(食道にできものがあっても胃までご飯を入れれば、食道のできものが原因で嘔吐することはありません)ので何かほかに原因があるのではないかと推測されます。

原因がわかっていない以上、よくなるかどうかはわかりませんが、少なくとも今の治療でよくなる可能性は極めて低いでしょう。
嘔吐の原因を探るためには超音波検査や内視鏡検査、あるいは試験的開腹術を行う必要があります。膵炎であればfPLIといわれる特殊な血液検査で診断できることも多いです。
そういったことができない場合は試験的治療としてステロイドを使う(IBDなどではよくなることが多いです)こともあります。

お話を聞く限り、大変かとは思いますが、大きめの病院でセカンドオピニオンを受けられた方がいいかと思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.

治療には 原因が必要ですよね。


通院のストレスがあるからと ちゃんとした検査もせずに、今日まで来てしまいました。 友達から勧められた病院は 家から遠いため連れて行くのにますますストレスになると主人が反対をしています。 


インターフェロンは、今の症状を抑えるだけで、時間だけかかるということですね。 ステロイドの使用を今の病院へお願いすることは可能なのでしょうか?


いろいろと 私が先生に聞くものだから、先生も煙たいようです。

専門家:  Japavet 返答済み 3 年 前.
インターフェロンはウィルスなどには根本的な治療になることはありますが、原因がわかってないのにやみくもに使っても効果があるかどうかわかりません。
ネコ風邪にはインターフェロンは聞く可能性がありますが、嘔吐の原因とネコ風邪は別です。

いろいろ聞かれて煙たがるというのはあまりほめられたことはないですね。

私は遠くてもしっかり診てもらえるのであれば行ってもらうことをお勧めします。
ストレスは確かにあるかとは思いますが、それでしっかり診断治療してもらえるのであればねこちゃんの負担は少なくてすみます。

ステロイドの試験的使用をお願いしてもらうのは可能かと思います。
ただし、ステロイドで悪化する可能性もあるので、状況によって試験的に使うメリットがあるのか、デメリットの方が大きいのか判断して使うことになります。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございました。


 


治療に時間がかかり、この子への負担が大きくなるだけでは意味がないですから。


 


私も原因を知りたいとおもっていますので、もう一度主人と話をしてみます。


 


いろいろ ありがとうございました。

専門家:  Japavet 返答済み 3 年 前.
はい、その方がいいと思います。
せっかく頑張って病院に行っているのであればしっかりと検査治療をしてもらわないと意味はないかと思います。

お大事にどうぞ。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問