JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに ペット に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

13歳になったばかりのヨーキーです。極小なのでベスト体重は1.5kg前後です。 昨年末頃に腎不全になりました。今は

質問者の質問

13歳になったばかりのヨーキーです。極小なのでベスト体重は1.5kg前後です。
昨年末頃に腎不全になりました。今は一日おきの注射(点滴による皮下)と飲み薬を服用しておりますが、その飲み薬に疑問を抱いております。飲み薬は二種類で一つは甲状腺の薬、そして疑問なのが獣医師が「下痢止め」(数度の質問に対しても下痢止めのみ、整腸などの目的はない)だけが目的の薬と説明を受けました。確かに下痢をすると速攻で効きます。もう一匹います健康な犬にもめったにはないのですが下痢をすると一日かからず治ってしまいます(その犬にも下痢をしたら飲ませてよいと言われました)ところが薬の名前を調べますと「プレロン錠1mg」という人間用のステロイドでした。BUNは最近の検査では140で発病してすぐに入院し退院した時とさほど変わってはおりません。素人考えですが、ステロイドで延命されているのでしょうか?それしか方法はないのでしょうか?
食欲も旺盛です。一日中寝てはいますが遊ぶときは遊びますし、抱っこでのお散歩もよろこびます。
ただ、検索してもこの病気に対してステロイドを使うとか「下痢止め」の作用があるとか出てこないのです。理由を聞きたいのですが心証を悪くされそうでどのような聞き方をすればいいのかもわかりません。BUNの数値の大きさや甲状腺、胃腸、等々小さい体で食事も旺盛、よく生きているなと不思議でもあり、何よりこの上なくありがたく感謝しておりますがこのままでいいのかと不安にもなっております。先生方のご意見や見解を伺えればと思い質問に至りました。宜しくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  yasuyuki 返答済み 3 年 前.
頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

BUNが高いですが、ステロイドが原因かもしれません。クレアチニンはいくつですか?
食欲があるのは、ステロイドの作用でしょう。
皮下輸液が延命してくれているのでしょう。
おっしゃるとおり、通常慢性腎臓病では、ステロイドは使用しません。しかし、その原因が糸球体腎炎であれば、進行を抑えてくれる可能性があるので、しっかり検査をした上での使用であれば、意味はあります。しかし、下痢止めという意味では、理由にならないと、私は思います。
懸命に治療され、結果を出している主治医に対して、甚だ失礼かとは存じますが、転院をお勧めします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

早速の回答を頂きましてありがとうございました。


素人なので何が参考になるのかわかりませんが知る限りの情報を提示いたしたいと存じます。


・発病してから5日入院し、私の意思で(入院中は食事もせずもうだめだと思ったので)退院させたところ帰宅してすぐに食べ初めました。ステロイドはその時は処方されておらず、腎不全にかかる前から下痢をした時は必ず処方されておりました。腎不全になって下痢が続いてから一錠の半分/dayの処方ですが、ステロイドと知ってからは一錠の半分/2dayに飼い主の責任においてと覚悟して与えております。BUNの数値も5年ほど前から高かったことが二度ほどありますが(その時は別の病院でした)問題にはされませんでしたというか話されませんでした。


・一年半年くらい前に尿結石を患いました。(それが初めての大きな病気です)


・忘れておりましたがもう一つの黄色い錠剤(小さく砕いてあります)は甲状腺と膵臓の薬との説明でした。


・ちょうど一週間前に緑色の下痢をしました。その時もステロイドで治りましたが、先ほどしました便もほんの少しですが先の方が緑色でした。


その時、胆汁または赤血球の残骸との説明を夫が受けております。


・今年一月に出た検査の結果です。


★リパーゼ:427


★クレアチニン:2.2


★BUN:84.1(すみません先ほどは140と申しましたがそれは昨年末、12月27日の結果です)


・発病してからは腎不全の療養食のみです。


宜しくお願いいたします。


 


 

専門家:  yasuyuki 返答済み 3 年 前.
BUNは下がったのですね。クレアチニンはそれほど高くないですね。
腎不全を含め、診断を最初からしてもらうために、セカンドオピニオンあるいは転院をお勧めします。
yasuyukiをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

何度も混乱させてしまうような質問になり申し訳ありませんでした。


転院かセカンドという回答ありがとうございました。


検討したいと思いますが、一番の疑問はステロイドで何故、健康不健康な状態問わず即効性があるのかというのもありました。ネット上にも答えを見つけることが出来ませんでしたし、ありませんでした。お答え頂ければと存じます


宜しくお願いいたします。

専門家:  yasuyuki 返答済み 3 年 前.
もともとステロイドは体内に存在し、各種ストレスに対応するために分泌されます。ホルモンは体内の色々な組織に働きかけて、体調を改善する効果があります。最近はしっかりした根拠があれば、使用しますが、かつては、死に近づくと、処方して、体調を改善するのに使われていたようです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとうございました。


 


愛犬の症状は、その実情は先生のみぞ知るということかもしれません。


そう思いました。愛犬との一日一日をさらに大切に過ごしていきたいと思います。

専門家:  yasuyuki 返答済み 3 年 前.
お大事になさってください。

ペット についての関連する質問