JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

merqryに今すぐ質問する

merqry
merqry, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業Ph.D
68561268
ここに ペット に関する質問を入力してください。
merqryがオンラインで質問受付中

4歳のアイリッシュセッターです。半年程前から体のあちらこちらに500円玉ぐらいの毛の抜けた部分ができてきて、なめてし

解決済みの質問:

4歳のアイリッシュセッターです。半年程前から体のあちらこちらに500円玉ぐらいの毛の抜けた部分ができてきて、なめてしまうためかいつも膿と血がでている状態です。

獣医師には検査をしてもらっていますが、「真菌などなくとりあえず抗生物質を」といわれ続けていますが、一向によくならず毛のない部分は飛び地のようにあちらこちらに増えてきています。

足先もなめるためよく見ると、すべての指の爪の付け根にかさぶたがあり、それをとると膿と血があふれてくるような状態です。今は、嘗めないように靴下をはかせているので、かわいてかさぶたができているようです。

歩くのも辛いようで、どうしていいか困っています。
検査では何もわかりませんとのことで、錠剤をのませているだけで、傷は全くよくなりません。

こういった症状を得意とされている先生はいらっしゃいませんでしょうか。
よろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  merqry 返答済み 2 年 前.
おはようございます。
4歳のオスのピーピーちゃんの慢性的な全身性皮膚病についてですね。
少々お伺いしたいのですが、
いままでにされた検査とその結果を教えていただけますでしょうか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

検査結果では、「かび」類はなく、「一般的な菌」だけですね。


とのことでした。


 


検査は2回、同じ病院でうけましたが、検査結果からは原因はわからないようです。


 


処方された薬は「レポプロキサシン」です。


 


症状は、顔や胸元などにはなく、体全体と足先です。


膿と血でじくじくしています。


自宅では患部を消毒して靴下をはかせています。


 


食事はメディコートのアレルゲンカットとボイルがグリルの肉です。


 


よろしくお願いいたします。

専門家:  merqry 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
検査ではカビではなさそうということですね。
やはりまず検査をしっかりすることをお勧めします。
皮膚病の原因は様々ありますのでカビだけではないです。
大きく分けると、感染症、アレルギー、アトピー、自己免疫疾患、などが考えられます。
皮膚の状態をみただけではこれらのどの病気に当てはまるかはわかりませんので地道に検査して原因を探っていくことになります。
感染症の可能性をしっかり調べることは非常に重要なことですので、これをしっかり調べることをお勧めします。
感染症(ノミ、ダニ、毛包虫などの寄生虫、細菌、カビ)、の検査は1回だけではなく何回かする必要がある場合があります。特に皮膚のスクラッチ検査(皮膚を金属製のさじでこそぎ取って調べる検査)は数回する必要があります。またカビは真菌培養をして調べることをお勧めします。顕微鏡で見るだけではわからないこともありますので。
ノミやダニなどの寄生虫は検査をするよりは背中に垂らすタイプの薬、例えばフロントラインやレボリューションなど、で試験的に治療してみることで症状の改善の有無を観ることをお勧め致します。
感染症の可能性がないとなったら、アレルギーやアトピー、などの可能性が考えらえます。そのため血清アレルギー検査(外注検査ですが血清中の抗体がどのような物質の蛋白に反応するか調べる検査)や食事療法(食物アレルギーの可能性を考慮してロイヤルカナンのアミノペプチドフォーミュラなど)をしてみて、アトピーの可能性が高いのであれば、シャンプー療法やステロイドを組み合わせた治療をされることをお勧めします。
また感染症以外の可能性が高い場合、皮膚生検をされることもお勧めします。皮膚の一部をくりぬく検査でそれを病理検査にて調べます。これにより皮膚の状態や皮膚型のリンパ腫という腫瘍の可能性も調べることができます。
これらの検査でも異常が無い場合には自己免疫疾患の可能性が考えられますので、抗核抗体の検査をするなどして調べることになります。
これらの検査を全部いっぺんにするのではなくてまず感染症の可能性をしっかり調べる、その後はアレルギーやアトピー、というように順番に検査されることをお勧めします。
診断に1-2か月位かかることがあったとしても半年もかかることはないです。
それ以外に治療として殺菌作用のあるクロルへキシジンやノルバサンシャンプーで体を洗うなどもされることをお勧めします。
感染症の検査はサンプリングでは外来ですぐできますし、カビの培養検査も10-14日で結果がでますので、それほど時間はかからないです。その間にシャンプーなどされて治療をして待つ感じでも良いと思います。
今かかられている病院ではこれらの突っ込んだ検査がされておらず、ただ抗生剤のみの治療をされているようなので、他の病院にて検査、治療をしていただくか、大学病院など皮膚専門の外来を主治医の先生に紹介していただくことをお勧めします。
merqry, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 2097
経験: 北海道大学獣医学部卒業Ph.D
merqryをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    63
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    63
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    1
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    0
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • /img/opt/shirt.png atlus302 さんのアバター

    atlus302

    獣医師

    満足した利用者:

    183
    臨床家
  • /img/opt/shirt.png merqry さんのアバター

    merqry

    獣医師

    満足した利用者:

    177
    北海道大学獣医学部卒業Ph.D
  • /img/opt/shirt.png arinko さんのアバター

    arinko

    獣医師

    満足した利用者:

    16
    小動物のの臨床医療を16年しています。
  • /img/opt/shirt.png crest さんのアバター

    crest

    獣医師

    満足した利用者:

    14
    国内獣医科大学卒業院長経験あり
 
 
 

ペット についての関連する質問