JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

10歳のジャックラッセル(雄)が便秘気味で、この数日間で少量の便を一度しかしていません。昨日、今日と便を促すために人

解決済みの質問:

10歳のジャックラッセル(雄)が便秘気味で、この数日間で少量の便を一度しかしていません。昨日、今日と便を促すために人間用の食物繊維の多いシリアルをえさに入れてみました。 今夜はさらに水分をとらせるために、赤ちゃん用の果物ジュース(ミックスジュース味)を水に薄く溶かしたものを与えました。 その後ふと気になって見に行くと、室内に置いてある小屋から数歩の場所にうつ伏せ状態でじっとしていました。 様子がおかしいと思い、声をかけると立ち上がれない状態でした。 びっくりしておろおろしていたらすぐに元通りになり、自分から小屋に入って行き、声をかけると出てきました。 それでも調子がおかしい感じがしたので、様子見に散歩に連れ出すと、始めのおしっこをするのに片足がうまく上げられない感じでしたが、すぐに大丈夫になり、二度目より普段通りにおしっこをし始め、自分から率先してリードする散歩になりました。 それでも排便はなく、きばる様子もありませんでした。 普段通りの散歩を終え帰宅、メールさせていただきました。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 3 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

今しっぽの付け根やお尻のあたりを触っていやがるところはないですか?
去勢手術はされていますか?
今まで立てなかったとか後ろ足のびっこなどはなかったですか?


もう少し情報をお願いします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。 今トライしましたが、まず小屋から出て来たがりません。 私が引っ張り出して、お尻の辺りを触ったところ嫌がる様子はなく、それよりも小屋に戻りたいという感じです。 今まで立てなかったことは一度ありました。 数年前にホームレスの方に追いかけられて、腰を抜かしたことがあります。 それ以外には思い当たりません。 去勢手術は済んでいます。 去年肛門の横にできものが出来て、段々大きくなってきたので近所の動物病院で摘出してもらいました。 それ以後フォローアップもしましたが、特に問題はありません。 6ヶ月前の血液検査では、皮下脂肪が多いという以外に問題はありませんでした。 大きめのジャックラッセル(ピュアでなく少し混ざっているため)で9kgあります。

専門家:  Japavet 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。

そうなると可能性が高いものは大きく分けて34つになります。

1.膝蓋骨脱臼
 これは小型犬の子には比較的多い病気で、膝蓋骨(膝のお皿)が外れてしまう病気です。
股関節などと違って、ひざのお皿は関節が深くないため、外れやすく、外れても自然に元通りになることがあります。
 外れたときに痛くて立てなくて、その後は待って立てるようになって散歩に行けたという可能性があります。
 通常、片足のびっことして出てきますが、痛みが強すぎると立てなくなることもあります。

2.腰椎・腰髄疾患
 これは腰の病気でヘルニアや脊髄腫瘍で起こります。
 通常、ヘルニアなどの腰椎・腰髄疾患ではびっこやふらつき・歩けないなどの麻痺症状が出た場合、数時間で劇的に良くなることはないですが、麻痺ではなく、痛みで立てなかった場合は、何かの拍子に痛みがましになって歩けるようになることもあります。

3.脳疾患
 これはてんかんや脳腫瘍などによるものです。
 てんかんというとけいれん発作を思い浮かべる方が多いですが、てんかん発作の部分発作といわれるものの場合は、立てないとか顔がぴくぴくするなどといった症状のみが出ることがあります。
 それの場合は時間がたつとまったく症状が消えてしまうこともあります。

4.心疾患
 心不全(弁膜症や不整脈など)があってその発作が起こると血圧が下がっていると立てなくなることがあり、落ち着くと血圧が上がって立てるようになることがあります。


今の症状から考えられる病気で一番可能性が高そうなのは以上の4つになります。
もちろんほかの病気も可能性としてはありますが、まずは今日は無理をさせないようにして安静にして過ごさせてあげてください。
無理をさせたり、無理やり起こすと症状が悪化することがありますので。

考えられる病気(特に脳や心臓の病気)ではいったん症状がよくなったように見えて、急に再度悪化することがありますので、明日落ち着いていても病院へ行ってもらったほうがいいでしょう。

質問者: 返答済み 3 年 前.

先ほどのメールに足しますと、前回近所の動物病院で血液検査をした時に耳にゴミが溜まっているということで、耳の掃除をしてもらいました。 定期的に耳の掃除はしてもらっているのですが、耳からくるアンバランスということは考えられますか? 年をとるにつれ、耳あかが溜まりやすくなるということはありますか?

専門家:  Japavet 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。

確かに外耳炎から中耳炎に波及することにより、三半規管の異常がでることはあります。

その場合に規律困難を起こすことがありますが、経験上、すぐに収まって不通に散歩に行ける状態になるということはないかと思います。
数日間かけて徐々にバランス感覚が戻ってくるということは多いですが。

ですので、可能性としてはゼロではないですが、経過をお聞きする限りでは考えにくいのではないかと思います。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問