JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

セキセイインコのメスですが、お腹が腫れています。触ると柔らかいです。皮膚が黄色ぽい。元気はあり、糞も出ています。

質問者の質問

セキセイインコのメスですが、お腹が腫れています。触ると柔らかいです。皮膚が黄色ぽい。元気はあり、糞も出ています。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 3 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

おそらく黄色腫(キサントーマ)と呼ばれるものと思われます。
基本的には、発情が長く続くことや高脂肪食によって、高脂血症になって、脂質が一部に集まってなる病気といわれています。

甲状腺腫などの病気が引き金となることもあるといわれているので、できれば鳥さんをしっかり診てもらえる病院で診てもらっておくのが一番ですが、

お家でできる子としては
1.発情対策
 ・明るい時間を1日10時間以内に抑える
 ・温度を温かくさせすぎない
 ・かがみや小さいおもちゃなどの発情を誘発するものを置かない
 ・できれば巣箱も置かない
 などの対策がある程度効果をだします。
2.食事
 過肥も原因の一つになるといわれているので、できるだけ脂肪が多い食事を避けてもらうことで対策してもらうといいでしょう。

ペット についての関連する質問