JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

ファンシーラットの左後ろ足のつけ根に1cm弱のしこりができました。触っても痛がっている様子はないのですが、心配です。

解決済みの質問:

ファンシーラットの左後ろ足のつけ根に1cm弱のしこりができました。触っても痛がっている様子はないのですが、心配です。やはり腫瘍でしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 3 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

ラットさん は比較的若いうちに腫瘍ができることがあるので、腫瘍を否定はできません。
ただし、足の付け根腹部のしこりとなると鼠径ヘルニアと呼ばれるものかもしれません。
これは鼠蹊部といわれる部分にヘルニア(穴ができてそこから腹腔内脂肪などがでてくる)ができることもあります。
特に急にできた場合や下痢の後にできた場合はそれが怪しいでしょう。

いたがらないということは炎症や感染によるものではない可能性が高いですが、腫瘍なのかそれ以外七日の判断は難しいです。
少しずつ大きくなってきた場合は腫瘍が疑わしいですし、一気にできた場合は鼠径ヘルニアが怪しいと思います。

どちらにしても早めに一度見てもらっておいた方がいいでしょう。
質問者: 返答済み 3 年 前.

有難うございます。


明日、もし見せられるなら病院につれていこうと思います。


 


ヘルニアの場合、自然治癒する可能性はあるんでしょうか。

専門家:  Japavet 返答済み 3 年 前.
ヘルニアの場合、押し込める場合は押し込みますが、おそらく何か力が入った時にすぐに出てきてしまうと思います。

ヘルニアは軽度なものはそのまま放置しますが、重度のもの(朝刊などが入り込んでしまう場合)は手術でヘルニアを征服する必要があります。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問