JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

4歳メスの白文鳥を飼っております。気温が低くなると毎日脱肛してしまい、ベビー麺棒に市販の傷薬を含ませて押し戻していま

解決済みの質問:

4歳メスの白文鳥を飼っております。気温が低くなると毎日脱肛してしまい、ベビー麺棒に市販の傷薬を含ませて押し戻しています。糞をするたびに出たり出なかったりですが、ひどいときにはてろんと総排出腔が出たままで本人も気にしてつついてしまっているようです。お尻はだ いぶ汚れてしまい、毎回押し戻すのも文鳥に負担がかかり、なによりとても可哀想です。本人はまだまだ元気で食欲もありますが、こういったときは押し戻して日々を過ごすのか、一度獣医様にお見せしたほうがいいのか気になっております。春になって暖かくなると脱肛しなくなりますが、だいぶ癖になってしまっているようなのと、これから数ヶ月は雪も降り寒いので、長い時期どうしようかと思っております。どうかお力をお貸しいただく思います。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 3 年 前.
おはようございます。

ご質問ありがとうございます。

もし、お部屋 の中を温められるのであれば、気温を15~25度にすることで予防できるのではないかと思いますが、難しいですか?

それから、やはり脱肛したままですと、本人も気にしてつついて傷つけてしまい、感染を起こしてしまったり、乾燥して血行不良から壊死を起こしたりしますし、どんどん戻すのが難しくなってしまいます。
そのままにしておくのはよくないです。

毎回動物病院に連れていくのも、精神的にも寒さとしてもストレスはかかんるので、毎回連れていくことはないと思いますが、うまく脱稿を戻す方法を病院で指導してもらって、お家で少しでも痛みなくスムーズに押し戻せるようにしてもらうのもいいと思います。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問