JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pekorisanに今すぐ質問する
pekorisan
pekorisan, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 11
経験:  犬猫や小動物の病院 代表
61180939
ここに ペット に関する質問を入力してください。
pekorisanがオンラインで質問受付中

1) 犬の腹膜還流に関する質問。 2) 人工透析、腹膜還流、腎臓移植以外の(延命ではなく治す)治療方法。 3) 当方所在地、茨城県鉾田市から最寄りの(適切な処置の行える)動物病

質問者の質問

1) 犬の腹膜還流に関する質問。
2) 人工透析、腹膜還流、腎臓移植以外の(延命ではなく治す)治療方法。
3) 当方所在地、茨城県鉾田市から最寄りの(適切な処置の行える)動物病院の情報。
4) 自分が行うべき(すぐにでも行える)適切な処置について。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  pekorisan 返答済み 3 年 前.

はじめまして宜しくお願いします。

大変な現状お察しします

慢性腎不全の末期という診断でよろしいでしょうか。

3日前のカリウム値にお間違いはございませんでしょうか、確認です

専門家:  pekorisan 返答済み 3 年 前.

もうすこし今までの経緯に関しまして情報はありますでしょうか

急性腎不全と慢性腎不全でまた変わってまいりますが、カリウム値が3日前におっしゃる値の32であれば持続的な静脈内点滴が必要であると思われますし、カリウムを含まない輸液剤を用いても下がりが悪ければインスリンなどによりカリウムの細胞内取り込みを早急に検討する必要があると考えられます。

腹膜還流に関してはお住まいの地域では石岡のほうに病院がいくつか点在しておりますので対応できる病院をさがされてみても良いかもしれません

質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございます。


当方母親の代理で質問させていただいたので、近くに当事者ならぬ犬がおりませんので、私自身正確な状況をお伝えできないのですが…


カリウムの値は3日前のものだそうです。


 


本日、母親と犬は土浦にある動物病院を紹介されて、診察に行っております。


その上で、改めてどのように診断されたか報告をかねてご相談さていただいてよろしいでしょうか。

専門家:  pekorisan 返答済み 3 年 前.

返信ありがとうございます、もちろんご質問くださいませ

いい方向に向かうように祈っています

質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。
ご報告が遅くなってしまい、申し訳ありません。
少し長くなりますが、経緯についてもう少し詳しくお話しさせていただきます。

1週間程前の散歩中に不意に歩きたがらない行動を取ったのがきっかけです。
それ以前は普通の生活を送りふだんと何ら変わらない状態でした。
もちろん食欲もあったそうです。
散歩中に何かを口にしたという事も無かったので、途中何度も歩かなくなりながら、いつもよりゆっくり家まで帰りました。
家に帰ると少し震えてうずくまる様な素振りを見せていたので寒気を感じているのかと思い、熱を測ったところ、少し熱っぽかったので、母は風邪だと判断しました。
翌日大事をとって病院へ連れて行きました。
その時点では母も病院の先生も風邪の症状としてみていたので、食欲が無いという事から、風邪の点滴を受けて薬をもらって帰りました。
ところが次の日、その次の日と経つにつれ症状は悪くなる一方で、動く事もままならなくなっていきました。
見かねた母が風邪ではない可能性を察知し、先生に頼み込んで血液などの精密検査を受けさせてもらいました。
それがここでの質問で最初にお伝えした結果でした。
そこで初めて入院し、腎臓用の点滴をしてもらう事となりました。
入院した当日(精密検査を受けた日)から、1日2回の点滴(各30分位)を4日間続けたそうです。
それでも一向に良くならない状態を見て、(最初に検査を受けた3日後)再検査を受けた結果があとの数値です。
さすがにこの時は病院から再検査をしてくれたそうです。
その時に診察していただいていた先生から、危険な状態だと告げられたそうです。
透析や腹膜還流の治療法の話もその時に聞きました。
しかし周りの病院にはその治療を受けられる設備や環境も無く、母なりにあらゆる手段で病院や相談できる医師を捜しました。
そのひとつが私の検索でヒットした、こちらのジャストアンサーです。

そして昨日、母は自分で探した土浦市にある動物病院に入院先を変えてもらったのです。
そこではまず、その病院なりの検査を1からしていただけて、その結果7時間に及ぶ点滴を血管直接してくれたそうです。
担当の先生によると、点滴の内容も、成分も前の病院での処置は違っていたかもしれないとのことでした。
その言葉が母にとって真実味を感じさせた理由は、7時間後、容態が明らかに回復しているのが目に見えて分かったからだと言っていました。
ただ今の状態で生命に関わる危険性がまだ50%あるという事なので、1週間は入院する事になりました。

ちなみにこの茨城県土浦市にある病院(母の家からは車で1時間ほど)は、母が最初に探し当てたのが東京の立川市にある病院で車で片道3時間以上かかります。
それでも診察を受けにいくつもりで連絡をし、翌日の朝一番から診てもらうはずでした…が、連絡をし、症状を伝え、予約をした日(一昨日)の夜遅くに病院から電話があり、その病院の紹介として土浦の病院に手続きをとれるように計らってくれたのだそうです。

以上の事から母の見解は急性の腎不全だったのではないか、という事です。(まだ詳しい診断は途中だそうで聞けませんでした)

そこで相談したいことがはっきりしたのですが、母としてはこれからの事も含め、急性腎不全だった場合の対応(慢性の場合も念の為教えていただけるとありがたいです)
1) 病状が回復し続けて治まった場合は、再発防止として何に気をつけていけば良いか。
2) もしくはこの病院でも状態が悪化してしまった(その病院でも手の施しようが無いと告げられた)場合にも、まだ受け入れてもらえる病院はあるか。

あらゆる手を尽くしたいということで、自分が出来る対応を今は知りたいということです。
方法は一つではないかもしれないので。

よろしくお願いいたします。

専門家:  pekorisan 返答済み 3 年 前.

急性腎不全である場合には腎前性・腎性・腎後性あるいは中毒性というように原因により

治療法が違う可能性があります

超音波検査で腎構造に異常がないのかチェックしていただくのも手かもしれません

中毒性では場合によっては不可逆性のものもあります

 

1) 病状が回復し続けて治まった場合は、再発防止として何に気をつけていけば良いか。

定期的に腎臓数値のモニターをされるといいと考えます、場合により内服で腎臓の負担をかるくしたり、継続的な皮下点滴(おそらく最初の病院の治療)などによる輸液が必要となります

 

2) もしくはこの病院でも状態が悪化してしまった(その病院でも手の施しようが無いと告げられた)場合にも、まだ受け入れてもらえる病院はあるか。
申し訳ありませんがこれは原因によります 腎臓の腫瘍であった場合は厳しい可能性もあります 

 

その後容態はいかがでしょうか?

pekorisanをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございました。

母に伝えさせていただきました。

やはり、腎臓の腫瘍の場合はとても難しいのですね…

母が、現在入院中の病院では容態が良くなっていることを感じると言っておりました。

この板での相談についても、大変感謝しておりました。

その後、気になるところとしては…

獣医さんが処置をしていたところ、目をしばしばさせる仕草が気になったので眼底検査もしてくれたそうなのですが、とても圧が高かったようです。「腎臓の腫瘍やそれ以外の病気もあり得るので、細心の注意を払っています。」という話がありました。

ただ、今は腎臓機能の回復に専念しているそうです。

もっと詳しい検査は、体力の回復を待ってから徐々にしてくれるそうです。

気になる点はすべて処置していく姿勢だと母は言っていましたので、その病院で出来る限り治療してもらう事になると思います。

ご報告まで。

専門家:  pekorisan 返答済み 3 年 前.

>>母が、現在入院中の病院では容態が良くなっていることを感じると言っておりました。

 

それはよかったです、長い治療になるかもしれませんがお母様といっしょにがんばってくださいませ

 

また何かありましたらご質問くださいませ 失礼致します

ペット についての関連する質問