JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 5376
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに ペット に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

先日、ペットのMダックス(16歳)が咳をするので動物病院に行き(8/30)咳止め?注射をして来ました。その後、咳が止

解決済みの質問:

先日、ペットのMダックス(16歳)が咳をするので動物病院に行き(8/30)咳止め?注射をして来ました。その後、咳が止まらないので10/4に再度病院に行き、診ていただきました。X線撮影を行い「心臓はきれいだし気管もつぶれている様には見えない?けど気管虚脱」と診断され、「命にかかわる病気じゃないから」と言われ、薬を出していただきました(気管支拡張剤?)。その後、病状は改善せず、むしろ悪くなり失神の様な事もあり、10日後、再度病院に行きました。そこでも再度最初のX線写真を見せられ「このように他の(心臓等の)臓器には問題ないので(老人性の)気管虚脱です。命に別状はないから」と言われ、薬を嫌がって飲まない事もつげると(2週間効き目が持続する)抗生物質?等3本の注射していただき、帰宅しました。その後、4日位様子を見てもどんどん症状が重くなる様でしたので再々度病院に行きました。診ていただいているところでたまたまてんかんの様な意識が遠くなる症状を見せたので「これはて んかんですね。詳しく検査してみましょう」という事で、検査のため犬を預けて一度帰宅しました。そうしたところ病院から呼び出しがあり、「急激に症状が悪化している」との事、X線で再度撮影したところ心臓がパンパンに3倍位に膨れ上がっており、血液検査や超音波で心臓の様子を見せられ「心タンポナーデでもう助からない」と告げられました。その後、血を抜いたり抜いた血を輸血したり2,3日対処療法をしたのですが、結果的に息を引き取りました。

結局、薬の投与と注射のしたタイミングでどんどん症状が悪くなる時期と重なっていたので、その薬や注射が悪影響を与えてかえって苦しめてしまったのではないか。また、心タンポナーデに繋がってしまったのではないかと後悔しています。
また、10/4の診断時にX線写真と心音だけで(気管がつぶれていなかったのに)気管虚脱と診断された事が残念な思いです。

そこで犬の命は戻って来ませんが、あまりに急な展開で心の整理が出来ないので教えていただきたいのです。

1.獣医さんの対応としては間違っていなかったのでしょうか?
2.薬(気管支拡張剤、抗生剤等)及び注射の処方は間違っていないものだったのでしょうか?
3.遅かれ早かれ心タンポナーデになって命を落としていたのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.

レントゲン検査の画像は2回を比較して

みせてもらいましたか?

 

 

 

-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。

質問者: 返答済み 3 年 前.

レントゲン


1回目(10/4)家内が来院し、X線を見せてもらい臓器はすべてきれいだと言われました。仰向けに撮ったものと横からのものを見せてもらいました。確かに心臓と脇腹にはまだスペースがありました。2回目(10/14)夫婦で来院し、同じ写真を見せられ再度説明を受けま した。その時にこれまで2回気絶みたいにぐったりする事があった事も説明しました。が、「命に別状はない」と言われ、注射をクビのあたりに3本打ちました。3回目(10/18)にかなり症状が悪くなり先生の前でてんかんの様に倒れたので「てんかんだと思うので詳しく調べましょうと言って血液検査、レントゲン検査、超音波等を行いました。


一度帰宅したのですが、呼び出され、X線写真を前回と並べて見せられ今回の写真では心臓がパンパンに膨れあがり脇腹との隙間もほとんどない状況でした。同時に超音波の状況を見せられ心臓と膜?の間に液体がある事を言われ(心タンポナーデ)、もう助からない旨の告げられました。その後血を抜いたり輸血を繰り返すことになりました。血は他の犬を探せなかったので「本当は正しい処置でないかもしれませんが」と断りの上、同じ血を輸血しました。

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
飼い主さまとしては今回の事について深い悲しみや後悔の念で一杯だと思いますが
お話を聞く限りでは処置や検査としては通常行う処置がされています。

特に病状を早めるような薬が使用されていたわけではありませんし
適切な過程だったのではないでしょうか

症状が劇的に悪くなっているので心臓の弁膜が突然に切れて
心臓タンポナーぜになったのかもしれません。

お悔やみを申し上げます
質問者: 返答済み 3 年 前.
ご返答ありがとうございます。追加でお聞きしたいのですが、咳が出ている早い段階での心タンポナーデの発見はむずかしかったと言う事でしょうか?
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
咳の症状だけでは難しいと思います
wantaroをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問