JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

こんばんは。初めまして。 猫の慢性腎不全についての質問です。 現在20歳と半年になる猫と暮らしています。

解決済みの質問:

こんばんは。初めまして。
猫の慢性腎不全についての質問です。

現在20歳と半年になる猫と暮らしています。

腎不全の薬は飲んでいましたが、 6月末に眼底出血を起こし
約3週間後に全盲になりました。

その後、9月になり2日毎に皮下輸液をしなければ
いけないほどになりました。(当時1.62Kg)
この辺りで腎不全の薬はもう意味がないからと飲ませておりません。
代わりに免疫力を上げる薬を毎日飲ませています。
なんとか持ち直し、9月下旬からは皮下輸液はしておりません。
昨日まで、1.88kgを維持していました。
ご飯もそれなりに食べ、お水も自力で飲むかシリンジで飲ませていました。

今日になり、顔を上に向けて少し呼吸が苦しそうな様子を見せました。
眼底出血した日から毎日通院しているのですが
今日の夕方病院に行き、苦しそうな事を伝えました。

血液が酸素を十分全身に運べていない

とのことで、気管を広げる薬と肺炎などにならないよう抗生剤を注射しました。
ご飯は食べたそうなら食べさせて良いとも言われました。
今日は免疫力を上げる薬は飲ませませんでした。

現在は体重1.80Kg(元は2.8Kg位)
食欲はほとんどありません。水は飲みます。
トイレも自力で行き、おしっこも便も出ます。
顔は若干上に向けています。
呼吸は10秒間に5,6回しています。

何か他に出来る治療はないでしょうか?
主治医は歳だし腎不全だからしょうがないと言う感じです。

乱雑な文章で申し訳ありません。
どうかご助言よろしくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 3 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

今日はどのような検査をして、どのような結果でしたか?
また、毎日通っておられるということですが、病院に通ってどのような治療をされていますか?
質問者: 返答済み 3 年 前.
触診のみです。
耳の内側をよく見ていました。
そして血液が十分に酸素を運べていないと言いました。
おしっこも便もほとんど溜まってないと言っていました。
血液検査などは何年もしていません。

その後
気管を広げる薬と肺炎などにならないように抗生剤を注射しました。
合計2本注射しました。
専門家:  Japavet 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。

正直なところ、腎不全の治療で血液検査を何年もしないとい うのは現在の獣医学ではあまり考えられないことです。
おそらく、かかりつけの先生は経験と身体検査所見から、治療を進められているものと思い、それも一つの特殊技術ではあると思いますが、それだけでは把握しきれないことは少なくないと思います。

腎不全の子でもカリウムが上がる子もいれば下がる子もいます。
カリウム値によって点滴の種類は変わってきます。
また、リンが上がってしまう子ではリンの吸着剤を飲ませることで、腎臓への負担を和らげて上げることができます。
また、貧血がおこれば、造血のホルモンが必要になります。

身体検査所見で脱水があるかや血圧や貧血の程度はある程度わかりますが、カリウムやリンの濃度を推測するのは難しいです。

腎不全は確かに治らない病気ですし、どうしようもないケースがあるのも事実です。
ただし、現在の状態を少しでもしっかりと調べることで、状態を改善する方法が見つかることはかなり多いです。
正直なところ、血液検査なしで腎不全のコントロールをするというのは、不可能ではないかと思います。
検査検査というのもよくないこともありますが、最低限でも定期的(3か月~1年)の定期検査は必要なのではないかと思います。
腎不全の子でも体内で起きていることは様々になりますので。

まだまだ、点滴やお薬で状態を改善する方法は見つかる可能性は高いと思いますが、どの方法がいいかは身体検査所見のみではなくて、ある程度の検査をしてみないとわからないのが現状です。
一度セカンドオピニオンを受けに行かれることを強くお勧めします。
質問者: 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。

13歳過ぎた頃から
主治医から予防接種はもうしなくて良いと言われ
一緒に行っていた検査はしなくなりました。
行けば良かったと思います。

あまり体力がない状態で血液検査を行なうことは可能でしょうか?

何か息苦しいのを少しでも改善できる方法は投薬以外にありますか?


よろしくお願いします。
専門家:  Japavet 返答済み 3 年 前.
血液検査は体力が落ちていても全く問題ありません。
1㏄ほどの血液があればほとんどの検査はできます。

苦しそうなのがなんなのかを血液検査やレントゲン検査で調べないと何とも言えませんが、カリウム値の補正や脱水の改善、貧血の改善などいろいろあります。
投薬以外にというのはどうかはわかりませんが、なぜ投薬以外にこだわるのでしょうか?
質問者: 返答済み 3 年 前.
投薬以外と言うのはお家で出来るケアです。
分かりにくくて申し訳ありません。

何か気をつけるべきことや
した方が良いこと

教えて頂きたいです。
専門家:  Japavet 返答済み 3 年 前.
状態によりけりですので、なんとも言えません。

一般的に腎不全では脱水することが多いので、しっかり水分をとってもらうことが重要になります。

あとはここの状態によって、カリウムやリンの吸着剤、タンパクの吸着剤などの飲み薬を使いますが、やはり検査結果次第になります。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問