JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

8歳スピッツのメスです。 約1ヶ月前に一緒にいた犬が亡くなりました。 それまでは散歩の時は、その犬の後におしっこ

解決済みの質問:

8歳スピッツのメスです。
約1ヶ月前に一緒にいた犬が亡くなりました。
それまでは散歩の時は、その犬の後におしっこをしていて
2回の散歩の時も何度かして、寝る前もしていましたが、
今は1回の散歩に1回しかせず、寝る前もする時としない時がありますので
2回の時もあります。量も回数が少ないので少なくなっているのではと思います。
食欲は1週間前から戻っています。元気もあります。ストレスなのかよく足やいん部をなめています。病院に行ったらよいかも迷っています。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 3 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

同居のワンちゃんが亡くなって から、もう一人のワンちゃんが調子を崩すというのはよくあることです。
その場合、病的に調子を崩す場合と、精神的なものだけで済む場合とあり、前者では病院に行く必要がありますが、後者では時間とともに解決できることが多いです。

おしっこの回数、量が少なくなる病気というのはほとんどありません。
しいて言うなら脱水していればそうなりますが、その場合は食欲元気は落ちますので、それらが大丈夫であれば、脱水はないでしょう。
脚や陰部を舐めるというのはストレスによる、常道運動(人が爪を噛んだり、貧乏ゆすりをしたりするのと同じで、不安を軽減するための行動)であると思います。

ですので、元気食欲があればすぐに病院へ行かないといけないということはありません。
ただし、舐めすぎると舐性皮膚炎を起こしますので、赤くなってきている場合は病院で診てもらった方がいいでしょう。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.
ありがとうございました。大きな心配がないとのことで安心しました。足や陰部がピンク色になっていたり、毛がなくなっている部分があります。皮膚炎までいっていないとはおもいますがやめさせる方法はありますか。
専門家:  Japavet 返答済み 3 年 前.
舐めるのをやめさせるいい方法は残念ながらありません。

おうちでできることであれば、こまめに注意してやめさせること、それからあまりにひどい場合はエリザベスカラーをつけて物理的に舐められないようにすることでしょう。

それから、赤くなっている場所はできれば毎日水道水でいいので洗ってもらうといいでしょう。
唾液中の菌が皮膚で繁殖して皮膚炎をひどくしてしまうので、洗い流しておいた方がいいでしょう。

ペット についての関連する質問