JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

犬 ミニチュアダックス ♀17歳です。 約3ヶ月に突然、全身痙攣の癲癇発作をおこしました。 発作の時間は5分程

解決済みの質問:

犬 ミニチュアダックス ♀17歳です。

約3ヶ月に突然、全身痙攣の癲癇発作をおこしました。 発作の時間は5分程度だと思います。
当日、かかりつけの動物病院に行き血液検査とエコー検査を行い、検査結果では内蔵等には特に問題ないので恐らく脳に何らかの問題がある可能性があるとの診断でした。
精密検査の為にMRIを行うか悩みましたが、高齢の為と万一脳に疾患があってもどうする事も出来ない為、見守る事にしました。
以後、特に発症していなかった為、様子を見ていましたが、今月の8日と9日に続けて全身痙攣の癲癇発作がおきてしまいました。

11日に首(上下にカクカク)と口(パクパク)の部分痙攣が数分起きに数分から数十分止まらない状態になりどんどん酷くなっていった為、施設の整った別の動物病院に行き血液検査や心電図を行な い、投薬治療を行う事にしました。
その際に抗癲癇薬と全身痙攣が止まらなくなった場合に備えて座薬が処方され当日夜から与えています。

12日に11日同様に部分痙攣がどんどん酷くなってきてしまっている為、動物病院に相談し、
ステロイド注射と抗癲癇薬注射をしました。
注射以降、一時的に意識が朦朧としていましたが、それから部分痙攣も一時的に治まり意識もはっきりして元気に歩き回っていました。

以降、起きている時には部分痙攣はおきてませんが、寝ていると5分〜1時間30分毎に部分痙攣がおき熟睡出来ずにいる状態です。
寝て部分痙攣がおきて止まらずに徘徊しての繰り返しです。

質問--------------------
1) 
部分痙攣が一日中続いた場合や部分痙攣の時間が長い場合、ステロイドや抗癲癇薬の注射をしてもらいに行った方がいいのか?
それとも、部分痙攣の時は自宅で見守り、5分以上の全身痙攣がおきて止まらないような場合にのみ座薬を使えばいいのか?

2)
顔面の部分麻痺がでている様子だが、飲み薬の効果が出れば麻痺も改善されてくるのか?
麻痺が今のままもしくは進行した場合はご飯が食べられない状態になったりするのか?
麻痺は主に左側の口周りにおきているが、今の所は何とか自分で水を飲んだりご飯を食べたりできている。

3)
部分痙攣時は黙って見守り刺激を与えないようにしたほうがいいのか?

4)
一日に何度か不安定な状態になるが本人も不安なのか抱っこをせがんだり、いいこいいこをせがんだりする場合があるが、そういう場合の抱っこやいいこいいこはしても大丈夫か?
抱っこすると部分痙攣がおきる場合がある。
--------------------質問

以上、長々と申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

高齢の子で突然痙攣が起きて、内臓に異常がないとなるとやはり脳の異常の可能性が高いかと思います。
脳の異常の場合、脳腫瘍や脳梗塞、脳炎などが一般的には多いですが、年齢的にも積極的な治療は難しく、おそらく対症療法が中心になるでしょう。

そのうえで
1.抗てんかん薬に関してはあくまで対症療法、ステロイド剤に関しては効果が出るかどうかは不明ですが、脳圧を下げたり、脳炎であれば炎症を抑えることで症 状を緩和するものになります。
ですので、痙攣が出ているからステロイド剤を打ってもあまり意味がありません。
ステロイド剤は短期的に症状を抑えるというよりも、使っていくことで症状を出させないあるいは出たとしても強いものが出ないようにするという方が強いです。
抗痙攣剤の注射はかなりいろいろな種類があり、強さもそれぞれですが、あまりに寝れずにワンちゃんが疲労してしまうのであれば注射はした方がいいですが、それほどひどくなければ特別必要ではありません。
ですので、このあたりの判断は難しいですが、飼い主さんが深度層と思われるのであれば注射や座薬を使ってあげた方がいいでしょう。

2.これに関しては脳の異常の原因が何かによって変わってきます。
脳梗塞であれば進行しないで少しずつ改善してくれることも多いですが、脳腫瘍や脳炎ではお薬が効いても一時的で徐々に悪化していき、口や舌をうまく動かせなくなってしまう子もいます。

3.その通りです。すこし優しく声をかけたり、軽く触ってあげたりすることは大丈夫ですが、大声を出したり、強くさすったりの強い刺激は与えない方がいいです。

4.抱っこはしてもらってもいいです。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問