JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
crestに今すぐ質問する
crest
crest, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 15
経験:  国内獣医科大学卒業院長経験あり
65257513
ここに ペット に関する質問を入力してください。
crestがオンラインで質問受付中

こんばんは。 腎不全(急性?)で尿毒症の猫が入院して2日目です。 腎臓のエコーを見ると、猫多発性嚢胞腎のような嚢

解決済みの質問:

こんばんは。
腎不全(急性?)で尿毒症の猫が入院して2日目です。
腎臓のエコーを見ると、猫多発性嚢胞腎のような嚢胞がみられます。
現在、尿が膀胱にたまってこない状況のようです。
嚢胞液を注射を刺して抜き取るなどすることができれば
一時的にも腎臓への負担を減らし、尿をつくりだす助けにはならないでしょうか。
それが不可能であれば、猫多発性嚢胞腎による腎不全の猫を診察されたことがある先生に
何か治療についてご意見が頂ければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  crest 返答済み 4 年 前.
おはようございます。
多発性腎嚢胞による急性腎不全という状態と推測しました。
膀胱に尿がたまらないということは、腎臓でほとんど尿が作られていないということで、かなり厳しい状態かと思います。

まず、嚢胞液を注射で取り出すことの是非ですが、液体を吸引することで腎機能の改善を図ることは難しいかと考えられます。また、腎臓へ針を刺 すことで出血や、機能している腎実質を痛めることになり、デメリットのほうが大きいかと思います。

それとは別に、検査目的での嚢胞液の採取は行う価値があるかもしれません。
多発性嚢胞腎の鑑別診断として、腫瘍、真菌症、猫伝染性腹膜炎、腎盂腎炎などがあるため、これらとの鑑別を行うために液体の採取を行ってもいいかもしれません。これも、腎実質への損傷というリスクと引き換えですが、診断が異なる場合、治療方針が違ってくる場合があります。

多発性腎嚢胞の治療方針としては、とにかく利尿を行うことしかありません。
マンニトールやフロセミドなどの利尿剤にくわえ、ドパミンを使用することが多いです。これと点滴を組み合わせて治療します。発熱などの感染徴候が見られる場合には、積極的に抗生剤を使用することが多いです。

おしっこが作られない場合には、腹膜透析という手段がありますが、ねこちゃんはなかなか受け入れてくれないかもしれません。

厳しい状態かと思いますが、なんとかおしっこを作ってもらい、元気になるといいですね。
お大事にしてください。
crestをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問