JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 1846
経験:  北里大学獣医学科卒獣医師
60637329
ここに ペット に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

こんばんは。お世話になりますm(__)m我が家には、12匹の室内犬が居ますが、 ジアルジアとコロナウィルスが検出さ

質問者の質問

こんばんは。お世話になります m(__)m我が家には、12匹の室内犬が居ますが、
ジアルジアとコロナウィルスが検出されたました。
全員かどうかわかりませんが、ジアルジアはキットで検査をして頂いた所、8匹検便し5匹が陽性でした。
ワクチンも、二年以上経っている為ジアルジアが治るのを待たず大至急やった方が良いと言われ、明日と明後日で全員摂取することにしたのですが、ジアルジアが完治してない状態でワクチンを受けても大丈夫でしょうか?
12匹も居たら、ジアルジアが完全に消えるのかもわからないと主治医に言われましたが、どのように対処すればジアルジアが消え、この子達が完治するか教えて頂けると幸いです。
よろしくお願いしますm(__)m
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
こんにちは。
ワクチンはひどい下痢や脱水などがなければ、ジアルジアの投薬中でも打ってよいでしょう。
しかし、ワクチンを打つとその日は更 に下痢がひどくなることもありますので、食事は少な目にあげた方がよいでしょう。お散歩なども控えてください。
また、ジアルジアの駆虫薬は、毎日確実に一頭一頭の口の中に入れるなどして、誰かが飲んでないなどということがないようにしてください。
また、できるだけ数頭ずつに部屋を区切るなどして、誰かが便をしてもそれを食べたりにおいをかいだりしないように注意してください。ジアルジアは、水を介して移ることもあるため、雨水や外の溜め池などの水を飲ませたりは絶対にしないでください。
loverai0210, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 1846
経験: 北里大学獣医学科卒獣医師
loverai0210をはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  crest 返答済み 4 年 前.
おはようございます。

ジアルジアとコロナウイルスが検出されたということは、アイデックス検査サービスが行っている「下痢パネル」を検査されたものと推測しました。

ご質問の内容は、
・ジアルジアの治療について
・ジアルジア、コロナウイルスが検出されている状態でワクチン接種が可能か?
と判断しました。

<ジアルジアの治療について>
ジアルジアの治療には、フェンベンダゾール、メトロニダゾールなどの治療薬が使われます。
ジアルジアの治療に おける問題としては、
・これらの薬が100%有効ではないこと
・薬剤耐性化しやすいこと
・わんちゃん自身がジアルジアに弱い場合、完全に体から排除できない可能性があること
・便から排出されたジアルジアがお部屋などの環境に残りやすく、消毒薬があまり効かないこと
などがいえます。
多頭飼いであることから、100%の根治はなかなか難しいと思います。

その上で、根治を目指すのであれば、以下の方法をとることを推奨します。
・消毒薬として塩化ベンザルコニウムが有効であるため、塩化ベンザルコニウムで徹底的に消毒した部屋をひとつ用意する。
・ジアルジアが検出されなかった動物から消毒された部屋に隔離していく。
・ジアルジアが検出された動物は治療薬による治療を行い、ジアルジアが検出されなくなったら、消毒された部屋に一頭ずつ隔離していく。
・全頭検出されなくなったら、残りの部屋を消毒する。
以上の方法がありますが、問題点として、
・ジアルジアの検出感度が100%ではないため、隔離した動物からジアルジアが再検出されるおそれがある。
・塩化ベンザルコニウムは刺激性の強い消毒薬であるため(臭いもきついです)、自宅の消毒における人間側のストレスも覚悟しなければならない。
といったところが考えられます。

<ジアルジア、コロナウイルスが検出されている状態でワクチン接種が可能か?>
これに関しては、各動物病院、各先生ごとに考え方が異なるため、正解はありません。あくまで私自身の考えかたといことでご理解ください。
ワクチンは常に「感染症の予防によるメリット」と「副反応によるデメリット、感染症にかかることによるデメリット」を天秤にかけて、「感染症の予防によるメリット」の方が明らかに大きいと判断された場合に接種しています。
前回ワクチン接種から2年以上経過しているというだけであれば、接種をお勧めしますが、特にジアルジアに感染しているということから注意が必要かと思います。
ジアルジアに感染し、かつ、下痢や食欲不振などの症状が出ている場合には、基本的には接種をお勧めしません。これらの消化器症状が出ている場合には、副反応によるデメリットが大きいと判断するためです。
しかし、ジアルジアが完全に駆虫されるまでワクチン接種を待つのも難しいところです。前述のようにジアルジアは根治が難しい感染症であるからです。
そのため、消化器症状がなければ、また、体調が良さそうならばワクチン接種をするといったところが妥当な判断となるかと思います。

以上になります。わからないことがあれば、またご連絡ください。
お大事にどうぞ。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとございました。

クレゾールでの消毒は臭いで断念したので、早速先程塩化ベンザルコニウムのオスバンを購入して来ました。

早速消毒したいと思います。

ワクチンは、本日六匹行って頂き、明日六匹連れて行く予定です。

一匹、体重が減少してる子がいて、心配です。

オスバンで、シストも死滅するんでしょうか?

 

専門家:  crest 返答済み 4 年 前.
おはようございます。

申し訳ありませんが、回答がダブってしまったようです。
(マナー違反でした)

以後、回答は差し控えさせていただきます。

失礼いたしました。

ペット についての関連する質問