JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 1846
経験:  北里大学獣医学科卒獣医師
60637329
ここに ペット に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

中山と申します。よろしくお願いします。 パグ メス 8歳 5/8 水を沢山飲む。尿回数が多いため尿の色は

解決済みの質問:

中山と申します。よろしくお願いします。

パグ メス 8歳

5/8 水を沢山飲む。尿回数が多いため尿の色は透明。失禁。
    かかりつけ受診。血液検査問題なし。肝臓の数値がやや高いが許容範囲内。
    ストレス。水飲み癖?1日の量を500ml内に1ヶ月くらいかけて経過。~尿回数現象。

5/26 血尿。かかりつけ受診。血液検査。膀胱炎と診断。内服処方。~血尿改善される。

7/   暑くなってきたから欲しがる?と考え、水の量が多くなった。ベッドにあがる回数減少。

7/6 血便 。ストレス。整腸剤・下痢止め。血便薬処方。~血便改善される。

7/20 水を異常に欲しがる。尿の回数・量多い。(飼い主留守のため家族に預ける)

7/21 水を夜通し欲しがる。ご飯を残す。水を沢山飲むから?と考えた。(飼い主留守のため家族へ預ける)

7/22 水を日中・夜通し欲しがる。ご飯残す。飼い主帰宅。一日状況把握のためみる。

7/23 水を欲しがる。便なし。かかりつけ受診。脱水がひどい。血液検査。入院。点滴。嘔吐。

7/24 点滴吸収してない。バリウム造影・レントゲン撮影を繰り返すが、胃で止まっている。
     開腹手術。腫瘍・異物なし。腸の血流も悪く、動きが悪い。内臓までも脱水。
     術後、レントゲン撮影。Drが手で流したため肛門までバリウム届いたが、腸の動きは悪い。点滴。注射。(脱水・腸動く・胃・吐き気止め)

7/25 点滴少しは良い?が改善は見られない。
     Drの考え→頭の腫瘍?腎臓?(血液検査異常なし)

現在、引き続き入院治療、検査中。どう考えられますか?頭の腫瘍や腎臓なら治らない。死に至るとも説明されました。原因がわかりません。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
こんにちは。
副腎や腎臓をエコーで見てもらったことはありますか?
副腎皮質ホルモンは調べてもらいましたか?
尿検査はされましたか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

ホルモンの検査も出してもらっています。結果待ちだと思われます。


入院中、エコー検査をしているかはわかりません。


 


尿検査はしました。膀胱炎がまだ治りきっていないので、膀胱炎の治療も一緒に入院中にするとのコトでした。

質問者: 返答済み 4 年 前.

 


ストレスにとても弱い子です…。病院へかかる8割はストレス診断です。


今回もストレスが関係しているのでしょうか?

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
返答ありがとうございます。
まだ、検査待ちとのことですので、断定的なことはいえませんが、可能性としてあげられるのは、副腎皮質機能亢進症や腎臓腫瘍、脳腫瘍の可能性が高いと思います。
ホルモンに異常がないようでしたら、脳のMRIをとられることも考えられた方がよいと思います。
ストレスだけではここまでならないと思いますよ。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。ホルモン検査結果は日数がかかるようで、やはり結果待ちのようです。


便は出ているようです。


尿の出が少し悪いようですが、外におしっこには行けてしているようです。


 


副腎皮質機能亢進症や腎臓腫瘍、脳腫瘍とは・・・?


どのようなことも予想されますか?死に至ってしまうのでしょうか?


 

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
副腎皮質機能亢進症は、副腎腫瘍や副腎に刺激を与えてホルモンを出させる脳に腫瘍ができていたりすると、副腎皮質ホルモンが異常に放出され、多飲多尿などの症状を起こします。
腎臓自体に異常があっても、同様の症状が出ます。
死にいたるかどうかは、脳の腫瘍があるかどうか、腎臓自体に腫瘍があるかどうかにもよると思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。


 


では、副腎皮質機能亢進症や腎臓腫瘍、脳腫瘍かどうかはどのような検査でわかるのでしょうか?


その場合、犬への負担はどのくらいでしょうか?

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
検査は上にも書きましたが、副腎の大きさをエコーで見てもらったり、副腎皮質ホルモンが高くないかの血液検査をしてもらう必要があります。
脳の腫瘍はMRIで見てもらう必要があります。
loverai0210をはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問