JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 63
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに ペット に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

10歳のメスのトイプードル。白内障でほとんど視力がありません。 3日前に、血尿が少しあったためかかりつけのクリニッ

質問者の質問

10歳のメスのトイプードル。白内障でほとんど視力がありません。
3日前に、血尿が少しあったためかかりつけのクリニックに連れていったところ、目が見えないことがわかっていながら診療台に放置されたまま落ちてしまい、右脚骨折、左脚付け根が脱臼してしまいました。しかも、今後の治療、リハビリについて話をしたくても、「今 後のことは、弁護士と契約したので、全て弁護士を通してくれ」の一点張りです。


以下、ご相談、ご質問事項です。
(1)病院との治療に関するやりとりでの、弁護士の排除の方法(直接話ができるようにする)
   →そもそも、この獣医には継続して飼い主への説明責任があるのではないか?
(2)このような信頼関係が壊れていることと、手術直後であることの双方から判断し、入院先を替えて治療費を今の病院に請求するようにした方がいいか? このまま入院をさせておくべきか?
(3)両脚が今のような状況の場合の実際の治療の方法とリハビリ方法、想定期間等
  (特に視力がない場合) 
(4)脱臼の場合の、温存、手術の判断の方法と温存、手術のそれぞれのメリットとリスク
(5)想定される後遺機能障害
(6)こうした場合の補償の考え方(将来いわたる治療補償、慰謝料等)
(7)このような不誠実な獣医に対する苦情窓口や相談機関等
(8)こちらも弁護士を入れた方が良いか? ペットのこうした訴訟に強い弁護士は?

アドバイスをよろしくお願い申し上げます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: ペット

ペット についての関連する質問