JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 5277
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに ペット に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

9歳で雌のラブラドールレトリバーなんですが、家族みんな仕事でなかなか散歩にも連れて行ってあげられなくて久しぶりに月曜

解決済みの質問:

9歳で雌のラブラドールレトリバーなんですが、家族みんな仕事でなかなか散歩にも連れて行ってあげられなくて久しぶりに月曜日の夕方散歩に連れて行きました。その晩は何ともなかったのですが、火曜日の朝、左前脚をかばうようにびっこ引いています。「お手」と 言っても左前脚は少ししか出せません。触っても痛がるようなそぶりはありません。昨日、動物病院に連れて行ったのですが、その時はびっこもひかず普通に歩いて先生にちゃんと症状を見て頂く事が出来ませんでした。家に帰ってくると、行く前と同じでびっこひきます。今日もびっこひいていて、何が原因でしょうか?夕診行った方がいいでしょうか  心配です 宜しくお願いします
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
初めまして、質問有難うございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。

追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

原因として考えられるのは

①加齢による変形性関節炎を起こしている
 肘や肩などに関節の変形による炎症を起こしていることが原因の一つとして
 考えられます。診断にはレントゲン検査や 血液検査で炎症マーカーのCRP
 を測定する

②リュウマチなどの免疫介在性関節炎
 関節穿刺検査や炎症マーカーのCRP、リュウマチ因子、抗核抗体検査
 などが必要です

③頚部椎間板ヘルニア
 頚部の背骨の中を走っている神経が椎間板によって圧迫されて
 左足がしびれているなどが考えられます
 神経学的検査や触診、レントゲン検査、血液検査、MRI検査がひつようです 。 

病気の原因としてはかなり広範囲な原因が考えられます。
通常の病院ではこれらの診断が難しい可能性が高いので
大学などの2次診療施設を探して紹介してもらましょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.

病院に行くのは明日とかでも大丈夫でしょうか?


それとも緊急でしょうか

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
明日以降で大丈夫ですよ
緊急疾患ではないので
wantaroをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問