JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

Japavetに今すぐ質問する

Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

ヨークシャテリア5歳♀について質問します。 4月中旬、たまたま健康診断で行った血液検査で、低たんぱく、低アルブミンと判明、アルブミンは1.9でした。 急いでエコー検査、レントゲ

質問者の質問

ヨークシャテリア5歳♀について質問します。
4月中旬、たまたま健康診断で行った血液検査で、低たんぱく、低アルブミンと判明、アルブミンは1.9でした。
急いでエコー検査、 レントゲン検査の必要があるとのことで、念のため、2つの動物病院で検査しましたが、結果が分かれ、
最初に血液検査をした病院Aでは、エコー検査で小腸にリンパ管拡張症の画像が出ているので内視鏡にて至急生検が必要。予後が悪いかもしれない。
病院Bでは内視鏡で腸に特徴的な画像はないので1ヶ月療養食にて様子を見ましょう。
迷ったので3つ目の病院(腹腔鏡手術可)へ相談し、症状のない今腹腔鏡にて全層検をしリンパ管拡張症であるか、IBDであるか明らかにしてはどうかとの意見をもらい、全層検し病理検査結果は以下です
所見:腹腔鏡生検標本
2個の小腸全層生検標本には共通した変化が認められます。
粘膜絨毛は軽度~中等度に短縮しています。粘膜固有層は、軽度の繊維増生・水腫、少数~中等数の形質細胞・リンパ球の浸潤によって、び慢性かつ中等度に拡張しています。
粘膜上皮細胞に壊死や異型性は認められまん。
粘膜上皮に浸潤するリンパ球の数は正常範囲内です。
固有層の毛細血管は、しばいばうっ血しています。
粘膜、粘膜上皮下組織、平滑筋層に存在するリンパ管は、びまん性かつ軽度~重度に拡張し、漿液を含んでいます。漿膜に著変は認められません。

組織学的評価は
リンパ管の拡張を伴う、中程度、リンパ球・性質細胞性、萎縮性、小腸炎

コメント
観察された炎症は正常範囲を逸脱しており、臨床徴候や低アルブミン血症を説明するものと考えられます。
炎症に参加している細胞の内訳から考えると、何らかの過敏症反応によって生じている可能性があり、寄生虫、細菌、あるいは特定の食餌などが原因かもしれません。これらの、考えられうる原因を臨症的検査によって精査し、対症療法を施した後でもなおも臨床兆候が続くようでしたら、突発性炎症性腸疾患(IBD)として対処する必要があるかもしれません。

との結果でした。
今現在、抗生物質(3週間目)と療養食(ヒルズi/dとロイヤルカナン低分子プロティンを半量づつの一日4回食で経過観察中です。
先日お願いしてタンパク質だけの血液検査を行ってもらったら、アルブミン値が3.2(正常範囲)に改善してい
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 3 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

ご質問が途中で切れてしまっているようです。
「アルブミン値が3.2(正常範囲)に改善してい」で止まっていますので、続きを返信よりお願いします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

アルブミン値が3.2(正常範囲)に改善していました。


この結果から、このままの方法で治療を続ければよいのでしょうか。 また、リンパ管の拡張を伴っているので低脂肪食が好ましいと聞きますが、ロイヤルカナンの低分子プロテインは脂肪が18%ほどあります。注意が必要でしょうか。 (医師に聞きましたが、療養食なので悪い脂肪は使用されていないから大丈夫とのことでしたが…) 今現在も下痢や嘔吐等の症状もなく元気です。 症状がないだけに、水面下で病気が進行する恐怖があります。 よろしくおねがいします。

専門家:  Japavet 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。

血液検査所見、組織検査所 見、治療への反応を見る限りではやはり軽度のリンパ管拡張症はあるのだと思いますが、そこに炎症が正常以上に観察されるということですので、上記に書いてある通り、IBDを考慮しての治療になります。

リンパ管拡張症自体が低たんぱくを起こしているのか、IBDが低たんぱくを起こしているのかというのは、その検査結果では何とも言えません。

ですので、どちらかをターゲットに治療しつつ、良化が見られなければもう一つの方の治療をしていくというのがいいのではないかと思います。

現在の治療はIBDメインのようですが、それでアルブミン値がかなり上がってきているようですので、治療も食事も今のままでいいのではないかと思います。

確かにリンパ管拡張症では、適量の中鎖脂肪酸を含んだご飯がいいということにはなっていますが、リンパ管拡張症が軽度なこと、IBDへの治療に反応していることを考えると、低アルブミンの原因はIBDの方にあるのではないかと思います。
定期的に検査をしてもらいながら今の治療を続けてもらうことで問題ないと思います。
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験: 獣医師
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

再度お尋ねします。


「平滑筋層に存在するリンパ管は、びまん性かつ軽度~重度に拡張」という表現は軽度のリンパ管拡張症ととらえていいのでしょうか?


 


また、A病院でリンパ管拡張症は予後が悪いと言われたのですが、軽度の場合もいずれ進行するするのでしょうか?


 


よろしくお願いします。

専門家:  Japavet 返答済み 3 年 前.
返信および、評価ありがとうございます。

広い意味でのリンパ管拡張症ととらえてもらってもいいでしょう。
ただし、リンパ管が拡張する原因は、炎症などによる二次的なものであることも多く、実際に今の治療で改善しているのであれば原発性(特発性の)リンパ管拡張症とい うよりはIBDに伴うリンパ管拡張症ではないかと思います。

確かに原発性(特発性)リンパ管拡張症では根本的な治療がないため、低アルブミンを改善することが難しいですが、IBDへの治療に反応するのであれば(しかも今の治療はかなりマイルドな治療であると思います)、お薬や食事療法はきれないかもしれませんが、予後は悪くないのではないかと思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.

丁寧な回答をありがとうございました。
病理の結果が難しい内容だったことと、初診時の医師の「予後が悪い」の言葉が常に脳裏にあり、不安が消えず質問しました。


よくわかる回答でした。


 


ありがとうございました。

専門家:  Japavet 返答済み 3 年 前.
はい、また何かあればご相談ください。
お大事にどうぞ。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    63
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    63
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    1
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    0
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • /img/opt/shirt.png atlus302 さんのアバター

    atlus302

    獣医師

    満足した利用者:

    183
    臨床家
  • /img/opt/shirt.png merqry さんのアバター

    merqry

    獣医師

    満足した利用者:

    177
    北海道大学獣医学部卒業Ph.D
  • /img/opt/shirt.png arinko さんのアバター

    arinko

    獣医師

    満足した利用者:

    16
    小動物のの臨床医療を16年しています。
  • /img/opt/shirt.png crest さんのアバター

    crest

    獣医師

    満足した利用者:

    14
    国内獣医科大学卒業院長経験あり
 
 
 

ペット についての関連する質問