JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

高齢と病気(僧房弁閉鎖不全)で弱っている小型犬 やや呼吸が早く家では眠ってばかりいるようになりましたが 家族(特

解決済みの質問:

高齢と病気(僧房弁閉鎖不全)で弱っている小型犬
やや呼吸が早く家では 眠ってばかりいるようになりましたが
家族(特に私)が大好きで足を引きずりながらでもゼイゼイしながらでも後追いしに来ます
もともと留守番は苦手で元気な時は待っている間中吠えていました
(今は元気がないため吠えません)
1時間ほどのクルマでの外出に同伴するのは身体への負担が大きいでしょうか
自宅でゆっくりしていたほうがいいのでしょうか
(外出先でクルマに置くことはしません)
犬にとってどちらがストレスが大きいのかわからなかったので
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

どちらがストレスになるかというのは難しいところですが、やはり1時間の 車での移動は体への負担が大きいです。
やはり違う環境へ行くのはそれだけでかなりストレスにもなりますし、ワンちゃんはどこへ行くのかわからない状況での移動になりますので、不安も大きくなります。
特に問題なく戻ってこれる可能性もありますが、悪化してしまう可能性も十分考えられます。

通常僧帽弁閉鎖不全症の重度なワンちゃんにはやはり遠出は避けるようにアドバイスしております。
お家でのお留守番でも多少ストレスになる可能性がありますが、そちらの方がストレスや負担は少ないでしょう。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問