JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

初めまして、 コーギー(9歳)♂なのですが、夕方からウンチを数回し、 段々下痢状になり、午後10時頃の散歩でのウ

解決済みの質問:

初 めまして、
コーギー(9歳)♂なのですが、夕方からウンチを数回し、
段々下痢状になり、午後10時頃の散歩でのウンチに赤い血が混じっていました。(ねるっとした感じ)
水をよく飲みげっぷをしながら水っぽいものを吐いたりしています。

今はゲージの中に入っておとなしくしていますが、散歩の時はいつもと変わらない感じでした。
胸元が吐いたせいでしょうか?ベタベタになっていました。
今晩はご飯はあげていません。

心配な事は、ウンチに混じった出血と嘔吐すること、
明日まで様子を見てて大丈夫でしょうか?
考えられる病気や今の時点で気を付ける事とかありましたらお願いいたします。
よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

何か拾い食いしてしまう可能性はありますか?
ワクチンは打っていますか?
去勢手術はしていますか?

呼吸が荒い、ぐったりしているということはないですか?

もう少し情報をお願いします。
質問者: 返答済み 4 年 前.

拾い食いはしていないと思います。


ワクチンは今年は打っていません。


去勢手術はしていません。


呼吸が荒いこともありません。


おとなしくしていますが、ぐったりはしていません。


 

質問者: 返答済み 4 年 前.

拾い食いはしていないと思います。


ワクチンは今年は打っていません。


去勢手術はしていません。


呼吸が荒いこともありません。


おとなしくしていますが、ぐったりはしていません。


 

専門家:  Japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

嘔吐、下痢の原因はかなり様々ありますが、何らかの理由で胃にも腸にも炎症が起こっているために下痢と嘔吐がおこっていると考えられます。
げっぷをしながら水っぽいものを吐いているという のは、胃の運動が低下していたり、悪心があるために空気を飲み込んだりして胃の中にガスがたまっている証拠ですし、ウンチを数回して血が付いているというのは大腸炎を起こしている証拠です。

すぐに命にかかわるものとしては拾い食いをして中毒を起こしている場合などですが、そういった可能性がなく、呼吸も落ち着いていて、息も荒くないのであれば朝まで様子を見ても大丈夫である可能性が高いでしょう。

原因としては、肝障害(肝炎、胆管炎、胆嚢閉塞、胆嚢炎、肝臓腫瘍など)、膵炎、パルボウィルス感染症、前立腺肥大、急性胃炎や腸炎、腸の腫瘍、炎症性腸疾患(IBD)、副腎皮質機能低下症(アジソン病)など、急性の嘔吐、下痢を起こす病気はかなり多くあります。

今晩は暖かくして安静にしてもらい、絶食にしておいてください。
お水もあまり与えないようにし、もしどうしても欲しがる場合は少しずつ与えてください。
調子が上がらなければ明日病院でしっかり検査してもらう必要があるでしょう。
フレグランスを変えたことが今の症状につながることは考えにくいです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

やはり病院で診てもらった方がいいですか?
症状によっては診せに行こうかとも思いますが、一過性もしくは改善する場合もありますか?


 

専門家:  Japavet 返答済み 4 年 前.
急性の胃腸炎であれば一過性のものの可能性はあります。
その場合は自然に治ることもあります。

その他の 病気は病気の種類によって治療方法は変わりますが、治るものは多いです。
お薬をしばらく飲んで治るもの、点滴をしばらくして治るもの、手術などが必要なもの、継続的に薬が必要なもの、治療しても治らないものなどかなり様々ですが、やはりどうなのかは検査しないとわかりません。
かなり悪化してから診せに来られる飼い主さんも少なくありませんが、手遅れになっていたり、初期であればすぐに治ったものがかなり複雑になってしばらく入院が必要になっていたりすることもありますので、やはり早めに診せに行かれることを強くお勧めします。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問