JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 5399
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに ペット に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

三浦の津田と申します。 10才の柴犬(メス)です。毎朝起きた時に決まって左の前足がしびれるような仕草を見せてびっこ

解決済みの質問:

三浦の津田と申します。
10才の柴 犬(メス)です。毎朝起きた時に決まって左の前足がしびれるような仕草を見せてびっこを引きながら歩きますが、しばらくすると正常に歩けるようになります。レントゲンを撮ってみても異常は認められないとの診断がなされています。実際にびっこをひく左前足を手で動かしても全く痛いそぶりを見せません。原因はよくわからないとのことで困っております。今後どのように対処したらよいでしょうか。教えて頂ければ大変ありがたく存じます。   セカンドオピニオンを得ることも考えておりますが・・・・。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
初めまして、質問有難うございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。

追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

し ばらくして歩けるようになるとのことなので
やはり整形外科の疾患である可能性が高いでしょう。

考えられるとすると慢性関節炎の初期(肩や肘、手根関節)である
この場合には関節液の穿刺検査やリュウマチ因子、抗核抗体、炎症マーカーのCRP
などが診断には必要でしょう。

関節炎の原因と考えられるのは免疫介在性のリュウマチなどの関節炎です

またその他には頚部の脊髄で椎間板ヘルニアが起きている場合にも同様の症状が
出てきます。これは頚部のレントゲン検査やMRI検査が必要でしょう。

これらの診断は難しいので、大学などで一度相談してみましょう。
wantaroをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問