JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

5歳のオス猫です。2年前数日帰ってこないと思ったら外で動けなくなっていて、かかりつけの病院に見せたところ、猫白血病と

解決済みの質問:

5歳のオス猫です。2年前数日帰ってこないと思ったら外で動けなくなっていて、かかりつけの病院に見せたところ、猫白血病とエイズをどちらも発症していると言われました。インターフェロンとステロイドの注射を続け、腹水がたまったりもしましたが3週間ほどで元気になりました。それからは発症する前より太って何事もなかったように暮らしていましたが、急 激に食欲がなくなったのでまた病院に行きました。口内炎(もしくは口の中の腫瘍)で痛くて食べられない、腎臓もひとつは機能していないようだ、とのことでした。それから2日おきに注射(皮下点滴とステロイド、インターフェロン、ビタミン剤)、注射のない日は薬を飲ませていますがよくなりません。体重も先月は5キロあったのに、4キロ→3.98キロ→3.78キロ→3.6キロと減り、注射を1日おきに変更しました。水だけはよく飲み大量の尿をしますが、便はおとといたまっていた古い便がでたあと、少量の水のような便がでるだけです。自分からは食べないのでA/D缶をシリンジで与えています。今朝、自分でスープを飲んだのでよくなったかと期待したのですが、午後からはひどく痛がりA/D缶もいやがるのでカロリーエースを与えました。
7年前、別の猫を白血病で亡くしたことがあります。今の病院が開業する前で、ある病院に5日間入院しましたが「もう手をつくした」と言われ、つれて帰りました。でもあきらめることができず他の病院に連れて行ったところ輸血で元気になりました。が、3日目にまた具合が悪くなり、二回目の輸血をしましたが翌日なくなりました。
今の先生には前回この猫を助けていただいたのでずっと見てもらいたいですが、正直言ってこのままだんだん衰弱して死んでしまうのではないか、思い切って別の病院(7年前輸血した病院)に相談したほうがいいのではないか、迷っています。このサイトを見つけ、別の病院にいく前に相談してみようと思いました。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

今現在、貧血など何か血液検査で異常はないですか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

お世話様です。
口の中や肉球が白いので、血液検査はしなくても貧血は明らかと言われています。ただ昨日の夜から少し変化がありました。


4時ころ カリカリと音がしたので見たところ、2.3口ですが自分でドライフードを食べていました。食べる気はあるのだと思い、A/D缶とW/D缶を混ぜたものを食べさせました。注射を打ちに行ったら、体重が3.46キロから3.64キロに増え、体温も36度台だったのが38度台になりました。口の中の炎症が白くて見えなかったのが赤くなって見えましたが、「口内炎でなく扁平上皮がんかもしれない」ということでした。いずれにしろ今は今の危機を脱出しなければいけないわけですが、このままがんばって強制給餌を続けるしかないでしょうか。注射は3日に一回になりました。

専門家:  Japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございま す。

今現在、何が一番食欲不振の原因になっているのかというのを探らないといけないのではないかと思います。
おそらく口内炎も貧血もあるでしょうが、貧血がひどければ口内炎の治療だけしていても体がだるくて食べてくれないでしょうし、その場合は輸血をしたり、造血剤を使ったり、ステロイドの量を増やさないと難しいでしょう。

ただし、改善傾向になってきているというのはいい傾向です。
そのままの治療を続けて行ってもいい可能性はあります。
とにかくお薬と強制給餌は必要でしょう。

それから、扁平上皮癌の場合はそれだけでは難しいですが、どちらにしても状態をあげないことには扁平上皮癌だとしても治療ができません。
注射の頻度に関しては状態をみながらということになりますが、定期的に貧血の程度のチェックはしてもらった方がいいのではないかというのが僕の意見です。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問