JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

いきなりの質問申し訳ありません。 15歳 雑種 10kg(具合が悪くなる前は13kgをキープ) 一軒家の庭に放して飼っています(夜寝る時は家の中) 2/5(火)

解決済みの質問:

いきなりの質問申し訳ありません。
15歳 雑種 10kg(具合が悪くなる前は13kgをキープ)
一軒家の庭に放して飼っています(夜寝る時は家の中)
2/5(火) 後ろ足を引きずる様な行為 元気なくみえる
2/6(水)〜10(日) 食が一気に細くなり犬様のパンやビスケットなどしか食べなくなる
また、吐いてしまうこともあり、急激に痩せ細る
2/11(月) かかりつけの動物病院に救急で連れて行く
処置:血液検査(アルブミン低下、白血球増)(他の肝臓や腎臓機能は正常)
抗生物質・痛み止め・ビタミンを注射
2/12(火)〜13(水) 処置:点滴(輸液・抗生物質・痛み止め)
レントゲンにてL4・5間の狭窄症がみつかる(それ以外の内臓は異常なし)
はっきりとした原因が分からぬまま、狭窄症による痛みでの食欲低下、吐き気と仮定して処置
しかし、白血球数が上がっている原因はわからず
少しは食べるようになったため2/14(木)〜17(日)の飲み薬(抗生物質・痛み止め)処方
2/16(土)再度、血液検査
結果は前回とほぼ変わらず、むしろ少し悪くなっていた
ノミの卵がみつかる
原因不明のまま、飲み薬(抗生物質)を5日分処方
2/18(月)現在 食欲がどんどん低下
少しは食べてくれていたものもほとんど食べてくれなくなった
食べても吐いてしまう
おそらく今日食べた分は全て吐いてしまった

飼い主から。
本当に本当に困っています。
車に乗せたことがないため、無理に遠くの病院に連れて行く勇気がなく、ネットで獣医師の方に相談できないか探していたところこちらを 見つけました。
本当に辛そうで、見ていられません。
今まで病気とは無縁の子でした。
何が原因でしょうか?
狭窄症が原因ではない気がします。
もし、他の病院でいい処置をして頂けるのなら、どうにか連れて行きます。
どうか、いいアドバイスを頂けないでしょうか?
よろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

白血球増加とアルブミンの低下というのはやはり脊髄の異常以外に何か以上があることを示唆していると思われます。

男の子でしょうか?女の子でしょうか?避妊や去勢手術はしていますか?
現在血液検査とレントゲン検査以外で何か検査は行われていますか?
CRP(白血球とは異なる炎症の数値)は調べていますか?

もう少し情報をお願いします。
質問者: 返答済み 4 年 前.
オスで去勢はしておりません。
血液検査、レントゲンのみです。
CRPは調べていないようです。
血液検査項目には入っていませんが、調べるのが大変だったり、オプションなのでしょうか?
専門家:  Japavet 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

CRPは院内で検査できるところは少なく、ほとんどは外注検査になりますので、通常の一般的な血液検査項目には入っておりません。

症状のびっこ、嘔吐、急激な体重減少、白血球の増加とアルブミンの減少というのを考えると、一番可能性のあるものは多発性関節炎などの自己免疫疾患ではないかと思います。
自己免疫疾患とは自分の免疫が自分を攻撃してしまう病気で、多発性関節炎であれば関節を中心に炎症が起こります。
多発性関節炎では関節以外に発熱や嘔吐、元気消失等の症状が出ることが多く、毛並みがかなり悪くなって来ることも多いです。
比較的、日本犬の雑種の子に見られることが多いです。

そ れ以外には症状からは前立腺炎や腹腔内腫瘍などもレントゲンだけでは分からないことがありますので、考えられるでしょう。

まずはエコー検査で前立腺などの腹腔内臓器を見てもらうことと、CRPを測定してもらうことが必要です。
腹腔内に異常がなくてCRPがかなり高い場合は自己免疫性疾患が疑われるので、関節液の検査などが必要になります。
自己免疫疾患ではステロイドなどの免疫抑制剤を使わないとよくはなりません。

前立腺炎であれば、強力な抗生剤療法とともに、去勢手術も必要になるでしょう。
その場合は今の抗生剤が聞いていないことになるので、感受性試験を行ったり、入院による点滴も必要になるかもしれません。
腹腔内腫瘍であれば基本的には手術が必要になることが多いです。


文面からの判断では今のままではどんどん状態が悪くなっていく一方である可能性が高いと思いますし、様子を見ていると手遅れになってしまう可能性も十分考えられます。
明日にでも少し大きめの病院に、今までの検査結果や飲んでいるお薬を持って行ってみてもらった方がいいでしょう。
自己免疫疾患であれば免疫抑制剤で劇的によくなってくれることも多いです。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問