JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

15歳の猫です。腎臓を片方、ガンでとっています。 最近引き取った子猫が、ウィルス性鼻気菅炎で、うつったみたいで鼻づ

解決済みの質問:

15歳の猫です。腎臓を片方、ガンでとっています。
最近引き取った子猫が、ウィルス性鼻気菅炎で、うつったみたいで鼻づまりと目やにがありました。木曜日~家を留守にしていて、今日の22:30頃帰り着いたのですが、姿が見当たらなくて、探して、ベットの下の段ボールに横たわっていて、体がすごく冷えて動けなくなっていました。
今は、毛布とカイロで温めながら、スポイドで口内をぬらしています。たまに大きな声出したり、頭や前足を動かしますが、体が固く、冷たいです。
どうすればいいでしょうか?よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。

混合ワクチンは最近うちましたか?
質問者: 返答済み 4 年 前.
ワクチンは打っていません。ので、うつって鼻水と目やにがありました。

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.

加湿して暖めてください。

ペットボトルにお湯を入れたりして人間が湯たんぽを作るみたいにしてください。

タオルをボトルに巻きつけ体につけましょう。

また暖かいポカリを飲ませる、ガムシロップを少し与えるなどしましょう。

蜂蜜でも大丈夫です。

またできれば点滴や抗生剤が必要なので、夜間病院があるなら早めに行きましょう。

体力低下や低体温が一番まずいので、脱水をさけるために水分補給と

保温が一番大事です。

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.

部屋を30度くらいに暖めてください。また加湿を忘れずに

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.

片側腎臓がないのであれば、代謝が悪いのでよくさすってください。

ドライヤーを少し遠くからあてても良いですよ。自分より冷たいのは危険な状態です。

病院には行けますか?

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.

意識はどうですか?

毛布に巻き、ドライヤーをあてる

あるいはこたつがあればこたつに入れて呼吸ができるようにする。

糖分やポカリスエットを5-15分おきに少量ずつ与える。

何か飲む抗生剤や点鼻薬は持っていますか?

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.

状態が悪いので家でどうにか出来るレベルでは無いと思います。

年齢も高齢ですから死に至る可能性が高いでしょう。

早めに病院に行きましょう

近くに病院はありますか?

質問者: 返答済み 4 年 前.
田舎なので、夜間救急病院がありません。隣の県はあるのですが、一時間以内に来れる方のみなので、一時間以内で行けなくて、無理です。
朝9時にしか病院は開きません。
専門家:  Japavet 返答済み 4 年 前.
前の専門家の方がオプトアウトされたので代わりにお答えいたしますが、まずはやはりお家で出来ることは限られてはいるでしょう。
そこの夜間病院に電話して相談されましたか?

お家でやれることは基本的には上に書かれているようなことになりますが、やはり体の外からと中から両方から温めてあげる必要があるでしょう。
ですので、40度程度に温めたスポーツドリンクやシロップを薄めたものを少しずつ飲ませてもらうというのは有効です。
ただし、低体温を起こしているときは誤嚥してしまう可能性があるので、もし少しずつ舌 の上に垂らしても舌を動かさない場合は、止めておいた方がいいでしょう。

外から温める方法としては上に書いてある通りに湯たんぽを作る(特に内股や脇などの太い動脈があるところに当ててもらうといいです)、ペットヒーターにタオルを巻いてそのうえに寝かせて上からもタオルをかける、抱っこして人肌で温めてもらうというのもいいでしょう。
ペットヒーターやこたつを使う場合は必ず息が上がってないかどうか(暑すぎないかどうかはチェックする必要があります。

また呼吸状態も悪くなっている可能性が高いので酸素スプレーなどがあれば酸素点とを作ってもらうのもいいと思います。
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験: 獣医師
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問