JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 1846
経験:  北里大学獣医学科卒獣医師
60637329
ここに ペット に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

初めて利用します。私は東京都八王子市に住まいする会社員です。 当家ではミニチュアダックス・ロング・♂6歳を飼ってい

解決済みの質問:

初めて利用します。私は東京都八王子市に住まいする会社員です。
当家ではミニチュアダックス・ロング・♂6歳を飼っていますが、一年ほど前から鼻の病気にかかっています。
発症当初は 最寄りの動物病院に受診していましたが改善されず、紹介で神奈川県座間市にある動物病院に受診、鼻の病気であることを伝えられました。 完治方法がなく、吸入による抑制と緩和しかないそうですが、本当にこれ以上の治療方法はないのでしょうか?(理想は一日二回らしいですが、忙しいと家族の誰もせずとばしてしまう日もしばしば)
症状:粘性のある鼻水が鼻腔につまることで呼吸困難を起こす。くしゃみや興奮によって屋内・屋外問わず鼻水をまき散らし匂いと汚れがひどい。
このような状態です。手術等だ完治させる方法があればご教示願いたいのですが。どうぞよろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
こんにちは。
かかった病院では内視鏡などで鼻の奥を見たりもしてもらいましたか?
どんな検査をされたのか教えていただけますか?
口の中を見てもらったことはありますか?特に奥歯に歯石がついていたり炎症がひどいということはないでしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

当時単身赴任中のため家内が連れて行ったため詳細は家内でないとわかりません。 麻酔をかけての診察だったと聞いています。(麻酔が覚めるまで帰宅できなかったみたいです)  鼻の長い犬(特にダックスなど)がよくかかる病気ということでした。

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
返答ありがとうございました。
確かにダックスさんは鼻の病気はとても多いです。
診断を何とされたかによるのですが、原因として細菌や真菌感染、鼻腔内腫瘍、慢性炎症、そして結構多いのが歯の炎症からくる根尖膿瘍が引き起こすものです。
麻酔をかけてどのような検査をされたかによるのですが、難治性の鼻汁の場合は内視鏡などで鼻の粘膜の細胞をとって病理検査に出し、それによって原因をしぼることができます。
私の患者さんでは見た目歯はそんなに悪くなかったが、奥歯の炎 症が結構あったので、抜歯をしたところ鼻汁がピタッと止まったという患者さんは結構いますので、見た目歯がきれいでも根っ子が炎症を起こしているとそこから鼻に通じるので鼻汁がでることかよくあります。
細菌性のものであれば抗生物質を使いますし、真菌であれば抗真菌薬を使うことで炎症を止めることができます。
鼻腔内腫瘍であれば抗がん剤などが使えることもあります。
なので、どのような診断をもって吸入しか方法がないといわれたのかわかりませんが、原因によってはもっとできることはあると思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

現在吸入で使用している薬剤(液体)は三種類。ビソルボン、ボスミン、ゲンタマイシンを各10滴。 これを投与するのは?

質問者: 返答済み 4 年 前.

現在吸入で使用している薬剤(液体)は三種類。ビソルボン、ボスミン、ゲンタマイシンを各10滴。 これを投与するのは?

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
これらを使って吸入するのは、原因がなんであれよいと思います。対症療法としてやられてるのではないかと思います。
もっと原因に特化した治療をするには、例えば細菌性のものであれば、飲み薬で抗生物質をたしたり、真菌であれば抗真菌薬をプラスしたほうがよいでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.

対処療法ということは聞かされていますが、根治には至らないようです。


完全に治す方法はないでしょうか?


(病名は当時聞かされましたが、忘れました。家内が知っているかもですが、病院に聞くほうが早いと思います。)

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
上で述べたように原因にもよると思います。
鼻腔内の腫瘍であれば、やはり抗がん剤などを使ってもなおらないので 対症療法がメインになるかもしれません。
細菌による慢性炎症の場合も、抗生物質を使ってもだらだらと根治はできないこともあります。
ステロイドや抗炎症剤を使うことである程度おさえることはできます。

ただ、経験上そんなにだらだらと続く鼻汁はないように思います。
原因によってそれに特化した治療を行えば水様の鼻水が少し出る程度というまでに回復する子がほとんどです。
もし、そちらの病院で原因がわかるのでしたら、お聞きになって、セカンドオピニオンを受けられてはどうでしょうか?
少なくとも吸入以外の方法はあると思いますよ。
loverai0210をはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問