JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

飼い犬が床に糞をします。 飼い始めたときは、ちゃんとトイレシートでのしつけもしましたが、 いつの間にか犬自身が散

解決済みの質問:

飼い犬が床に糞をします。
飼い始めたときは、ちゃんとトイレシートでのしつけもしましたが、
いつの間にか犬自身が散歩の時にしか用をたさなくなりました。
ですがこの4日間ほどは家の 床や廊下、果てはソファのクッションの上にまで
糞をするようになりました。
その時は本人もわかっているようで、ケージに入っているのでドアを閉めて
しばらく反省させました。
別に散歩でも用はたしています。
これは精神的なものなのか、もしかしたら何か病気になってしまったのか
良くわからないし、いきなり病院に連れていくのも躊躇われるのでご相談しました。
犬はヨークシャテリアで、7歳です。
よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.

はじめまして 質問ありがとうございます。
診察はしていませんので文章のみからの推測にしかすぎません。
的確なアドバイスが出来ない場合もありますのでご容赦ください。
質問やさらにお聞きになりたいことがあれば情報や要望を入力をお願いします。

お腹が鳴ったり、便が臭い、色が黒いなどありませんでしたか?

便の回数は多いですか?



-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。
質問者: 返答済み 4 年 前.

犬の様子はいつもと変わりません。便の匂いや色も普通です。


強いて言うなら明け方に一度吐きました。ですが、たまにそんなことは今までも


 


ありましたし、ぐったりしてるとかいつもより大人しいとかいう変化もありません。


 


 


 

専門家:  Japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。
代わりにお答えします。

まず可能性としては、病的な可能性は低いでしょう。
便の性状に異常は認められないのであれば、我慢できなくてとか、自分で制御できなくてという可能性は少ないです。
ただ時に肛門に異常があってそのようなことをすることがあります。
続く場合は健康診断を兼ねて、便も持って(見た目に異常はなくても中身に異常があることもあります)病院にいかれるのはいいことだと思います。

何か精神的に不安定になるきっかけの心当たりはありませんか?

質問者: 返答済み 4 年 前.

精神が不安定になっているのでしょうか?


初めて床に糞をしたときは、朝私が病院に行って思いのほか時間がかかったときでした。しかし、出かけて留守をする日はよくありますし、2日目からはほとんど家にいました。病気の可能性が少ないのは嬉しいのですが、どう対処したらいいのか。


うちの犬は確かに人懐こくて寂しがりであまえんぼぅです。


私が家にいても家事とかに忙殺されていると拗ねたりするタイプなのですが、それが問題なのでしょうか

専門家:  Japavet 返答済み 4 年 前.
おそらく分離不安の傾向があるとおもわれます。

かまってあげれない時あるいは不在時に粗相をしてしまうというのは、分離不安の時に一番多い症状です。

分離不安をなくすためには
1,一人遊びをできるおもちゃなどを飼い主さんの不在時のみに与えるようにする
2,遊びながらご飯を食べるようなボールを買ってそれを使って留守中に遊んでもらう
3、できるだけ不在を感じさせないようにするために、テレビをつけっぱなしにする、出かける時に大げさにしない
4, 帰ってきたりした時に大げさに構わないようにして、大人しくなってから遊んであげるようにする。

と言ったことがあります。
これは代表的なものの一部で、他にもいろいろとあります。
最近ではわんちゃんの 分離不安はよく見られるので、本なども多く出てますので、参考にして見てください。


それから分離不安がひどい場合は、精神安定剤やサプリメント、フラワーレメディなどいろいろありますので、それらを補助的に使うのもいいと思います。
基本的には徐々に徐々に飼い主さんへの依存を減らしていくということになりますが、大人になってからのしつけはかなり難しいので、お薬やトレーナーさんの助けが必要になるかもしれません。
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験: 獣医師
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問