JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

犬が今の2時ごろ新しい紅茶パックを1パック食べました 夜間動物病院もあいてないし、手をつっこんではかそうとしました吐

解決済みの質問:

犬が今の2時ごろ新しい紅茶パックを1パック食べました 夜間動物病院もあいてないし、手をつっこんではかそうとしました吐いてくれません どうしたらいいですか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

一番いいのは吐かせることですが、お家でやるのは難しいです。
今の時間で あれば地域によってはやっている夜間病院があるので、そこで吐かせてもらうのが一番です。
どちらにお住まいでしょうか?

もし10kg以上の子であれば、そのまま便に出てくれる可能性も少なくないので、もし病院が見つかれないのであればそのまま1日2日様子を見るのも一つかと思います。
小さい子であれば、カフェインによる中毒症状が出る可能性もありますし、どこかで袋ごと詰まってしまう可能性もあるので、病院を探すか、もしくは自力で吐かせることになります。

はかせ方としては24時間の薬局などでオキシドールを買ってそれを5kgの子であれば30ccほど無理やり飲ませるという方法です。
ただし、胃粘膜を刺激しますし、嫌がって目に入ってしまうこともあるので、お家でやるのはあまりお勧めしません。

住んでいらっしゃる地域を教えていただければ、病院を探すのをお手伝いしますよ。
質問者: 返答済み 5 年 前.

広島なので夜間は2時で終わりです 体重は6キロ弱です 明日の朝一番9時に病院につれていこうと思っています まにあいますでしょうか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

ちなみに袋は飲み込まずがじがじした感じで、窒息はなさそうです

専門家:  Japavet 返答済み 5 年 前.
そうでしたか。

間に合うかどうかというのはどういった意味合いかにもよります。
危険性としては二つ
1.紅茶の葉(カフェイン)による中毒症状
2.ティーバックが腸に詰まってしまうリスク

になります 。
1に関しては
一般的に20mg/kg以上のカフェインの摂取は危険といわれています。
紅茶は100g中に200mg以下のカフェインを含んでいるといわれていますので、6キロの子であれば60gの紅茶を食べていると危険であるということが言えるでしょう。
紅茶の種類やワンちゃんの個体差によって多少差は出ますが、大体これくらいです。
中毒症状としては興奮作用(よだれ、落ち着かなくなる、息が荒い、心拍が多いなどでひどくなるとけいれんを起こす可能性もあります)になります。
できるだけ水は飲ませてあげてください。

2に関しては大丈夫な可能性も高いと思いますが、その大きさの子であれば腸で詰まってしまう可能性もあります。
そうなると数日後に嘔吐や下痢、食欲不振がでてきます。
かじって食べたのであればまず大丈夫かとは思います。

今晩はできるだけしっかり様子を見てもらい、明日の朝見てもらって、内視鏡をするのかそれとも少し様子を見るのかということになるかと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.

丁寧に返答ありがとうございます。紅茶パックの中身を調べたら2gでした。紅茶の種類にもよるんでしょうが・・・ 何度も質問すいみません;;不安なもので・・・ 中毒症状が出始めて病院につれていってもまにあいますか? 朝病院に連れて行って、中毒症状が出ないような薬、点滴などはないのでしょうか?

専門家:  Japavet 返答済み 5 年 前.
それであれば理論上は大丈夫だとは思います。
出たとしてもそれほど強い中毒症状は出にくいと思いますので、大丈夫かと思います。
ただし、大量のカフェインを飲んでいた場合は、症状が出て一気に悪化する可能性があるので、時間がかかると命の危険があることはあります。
明日の朝まで問題なければおそらく大丈夫だと思いますが、特に解毒剤のようなものはないので、やるのであれば点滴カフェインを薄めることになります。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問