JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

コーギー11歳です。 数日前から階段を上るのをイヤがるのでおかしいな・・・と思っていると、 後ろ左足をビッコをひ

解決済みの質問:

コーギー11歳です。
数日前から階段を上るのをイヤがるのでおかしいな・・・と思っていると、
後ろ左足をビッコをひくようになりました。
階段をイヤがりだしてから1週間近いんですが、
日に日に悪くなっているようで心配です。
早く病院に連れて行きたいんですが、
その前にどんな病気の可能性があるのか教えていただけませんでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

足を引きずる場合は大きく分けて

1.神経
2.筋骨格系

の異常があります。

神経の異常としては最も多いのは椎間板ヘルニアがあり、通常は両足の異常として出てきますが、神経の圧迫状況によっては片足の症状として出てきます。
腰の痛みを伴っている場合はヘルニアの可能性が高いかと思います。
その他脊髄腫瘍などもたまに見られます。

筋骨格 系の異常としては
慢性関節炎(加齢に伴うもの、股関節や膝関節)、特発性関節炎、骨折(大きな骨の子っ摂津ではないと思いますが、ちょっとした段差で足の指の骨折をすることはあります)、靱帯損傷(特に膝の十字靱帯)、膝蓋骨脱臼などが考えられます。

それ以外に稀に糖尿病やその他の内臓疾患が引き金になってびっこを引くこともあります。
基本的に診断は身体検査で痛みの有無や神経の異常の有無などを見てレントゲンを撮って診断することになります。
神経の異常などは確定診断をするためにはCTやMRIを取る必要が出てくることもありますが、基本的には身体検査と神経学的テストである程度診断していくこと(臨床診断)が多いです。


Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご返答ありがとうございました。

ちなみに、ヘルニアや筋骨格系の疾患だった場合、

病院に行かなくても自然治癒していくこともありますか?

それとも、病院に行かなければどんどん悪くなる一方のいうパターンの方が多いですか?

 

事情があってすぐには病院に連れていけないのですが、

連れて行けても早くて2~3週間後になりそうなんですが、

それだと取り返しがつかなくなる恐れは大きいですか?

 

もちろん、診断してみないと分からないことだと思いますので、

一般的な傾向としての回答でけっこうです。

こういうケースだとこういう恐れがある等、

少し教えていただけると助かります。

専門家:  Japavet 返答済み 5 年 前.
減るにはかなり悪化する可能性があります。

慢性関節炎などは急激に悪化することはないですが、痛みで足を 使わないと筋肉が落ちてしまい、回復までに時間がかかります。

正直なところ文面からの判断ですので、確定的なことは言えませんが、徐々に悪化している場合は自然によくなっていく可能性は低いと思いますし(一時的なびっこであれば数日つでよくなりますがそれ以上かかる場合は自然にはよくならないことが多い)、早めに時間を何とか作ってもらい病院へ行かれたほうがいいかと思います。

取り返しがつかないことにならないまでも、治りが悪くなったり、状態が悪くなって薬などの効きが悪くなるということが出てくる可能性が高いかと思いますので。
質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございました。
お陰さまで昨日病院に連れて行く決心をし、
家族を説得し病院に同行してもらいました。

診断結果は、加齢に伴う脊柱間狭窄症ということで、
ヘルニアにまでは至っていない段階のようでした。
これは残念ながら治療法等はないようでしたが、
原因が分かったことでホッとしました。
病院に行くまでの段階で専門家の立場からの見解を
ネットですぐに教えてもらえるというのは心強いですね。
本当にありがとうございました。
専門家:  Japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。
そうでしたか。
ご報告ありがとうございます。

お薬で多少はましになる可能性はあるかと思います。
お大事にしてください。

ペット についての関連する質問