JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

おはようございます。 ビーグル犬(オス)6才6カ月ですが、昨夜未明(6/10)より吐き出し、嘔吐、吐血という症状が

解決済みの質問:

おはようございます。
ビーグル犬(オス)6才6カ月ですが、昨夜未明(6/10)より吐き出し、嘔吐、吐血という症状があります。

5/23より、下痢、5/29より嘔吐の症状で、血液検査の結果GPT3000/GOT1000/ビリルビン2.0/ALP700という絶望的な数値でした。先生より肝不全の病名をつげられ、5/29~6/9まで入院しておりました。その後、食欲も戻り、黄疸も少し回復 したようでしたので退院できました。 
お薬はプレドニン、ウルソ、強ミノです。
退院時に先生に確認して、フィラリア予防薬の服用は規定日に服用してくださいとのことでしたので、(実は、5月末に予定でした)6/10の夕ご飯の時にハナメクチンS136を他の薬と一緒に投与しました。 
その病院は10時からなので対応時間外です。
緊急を要する事態かと思われますので、宜しくお願いします。
ちなみに住まいは神奈川県相模原市です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 5 年 前.
おはようございます。

ご質問ありがとうございます。

確かに入院前の数値は肝臓がかなりダメージを受けていることを示唆しております。
結局原因自体はわからなかったのでしょうか?

フィラリアのお薬はそれほど強いお薬ではないので、フィラリア陽性やアレルギー反応を持っていない限りは、肝臓がかなり悪くなっていたとしてもフィラリア予防薬を飲むことでそこまでひどい症状を起こすことは考えにくいです。

ですので、今回の嘔吐や吐血は、肝障害の再発かあるいはそれらとは関係の ないもの(異物や中毒など変なものを食べてしまった場合、膵炎など)からきている可能性もあります。
特に膵炎は嘔吐と下痢そして肝酵素の上昇を起こしますので、もしかすると最初の症状も膵炎から来たもので、今回はそれが再発したという可能性はあります。

いずれにしても病院には行かないといけませんが、あと2,3時間ですので、それまでは待たれてもいいと思います。
お家では絶食絶水にしてもらい、寒すぎないようにだけして安静にしておいてください。
お薬やご飯などは何もあげない方がいいです。
お水は飲みたがる場合は少しずつ上げてもらってもいいですが、大量に飲むと大量に吐いてしまう可能性もあるので、病院に行くまでは何も飲まなくてもいいかと思います。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご返答ありがとうございます。

少し、安心しました。

先生は自己免疫性の肝疾患の可能性もある。とおっしゃっていましたが、はっきりとした原因は不明です。

今のところ、下痢症状はありません。

初めて、吐血(胃液が赤い)を見たのと、本人が辛そうでしたので。。。

ありがとうございました。

専門家:  Japavet 返答済み 5 年 前.
そうでしたか。
確かに肝疾患は原因を突き止めるには、肝生検をして肝臓の一部を検査センターに回さないとわからないこともあります。
ステロイドで落ち着いてきたのであれば免疫介在性の肝疾患であることも確かに考えられます。

ただし症状の経過と検査結果からは膵炎の可能性もあると思うので、超音波などでしっかり膵臓を調べておいて貰った方がいいでしょう。

承諾ありがとうございました。

ペット についての関連する質問