JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに ペット に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

おはようございます。10歳6か月のオスのコーギーについての体調についての相談です。最近体重が減り、腹部が膨らんできた

解決済みの質問:

おはようございます。10歳6か月のオスのコーギーについての体調についての相談です。最近体重が減り、腹部が膨らんできたので、先週月曜日病院にいったところ、獣医の先生から、肝臓がんで三倍 の大きさに膨らんでおり、表面がぼこぼこで手術もむずかしいということでした。現在は、先生から頂いた肝臓の働きを助ける薬と、プロポリス入りのサプリメントを飲ませています。食欲はあるので、日に3回食事を与えています。散歩も行きたがるので体調をみてでかけています。先日の朝と今朝、外で寝ていたところ、ぴくっ、ピクッっと今までとは違うけいれんのような動きをしていました。しばらくだっこして、いるうちにしっかり目がさめると、朝食もきちんととりました。痙攣の考えられる原因と、今後の家での介護の仕方を教えてください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

血液検査を行い、肝臓酵素や肝臓機能の異常があれば、それが原因で痙攣をおこしたのかもしれません。しかし、その場合には、痙攣の程度はもっとひどく、持続することが多いです。肝臓に腫瘍があるのだとすれば、脳への転移も十分に考えられます。

介護としては、もし寝たきりになるようなら、やわらかい素材のベッドに寝かせ、定期的に寝返りをうたせてあげることです。筋肉のマッサージや脚の曲げ伸ばしも有効でしょう。定期的な血液検査とそれに合わせた対症療法も介護・看護としては重要です。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございました。詳細のデータを書かずに質問して失礼しました。かかりつけの先生での5月28日の血液検査での結果で、異常値が出たものがGPT-P1000u/l以上、ALP-Pが2860u/l、GLU-Pが51でした。総タンパク5.5g/dlとなっていました。1か月前の健康診断の時に目立った異常がみられなかったもので、この悪化の状態に気持ちがついていけ

ません。そのためセカンドオピニオンをおききしたかったのと、現実的に今何がしてあげられるかのアドバイスがいただければと思いました。特に肝機能が落ちているときに消化吸収しやすいものがあればお教えいただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございました。詳細のデータを書かずに質問して失礼しました。かかりつけの先生での5月28日の血液検査での結果で、異常値が出たものがGPT-P1000u/l以上、ALP-Pが2860u/l、GLU-Pが51でした。総タンパク5.5g/dlとなっていました。1か月前の健康診断の時に目立った異常がみられなかったもので、この悪化の状態に気持ちがついていけ

ません。そのためセカンドオピニオンをおききしたかったのと、現実的に今何がしてあげられるかのアドバイスがいただければと思いました。特に肝機能が落ちているときに消化吸収しやすいものがあればお教えいただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございました。詳細のデータを書かずに質問して失礼しました。かかりつけの先生での5月28日の血液検査での結果で、異常値が出たものがGPT-P1000u/l以上、ALP-Pが2860u/l、GLU-Pが51でした。総タンパク5.5g/dlとなっていました。1か月前の健康診断の時に目立った異常がみられなかったもので、この悪化の状態に気持ちがついていけ

ません。そのためセカンドオピニオンをおききしたかったのと、現実的に今何がしてあげられるかのアドバイスがいただければと思いました。特に肝機能が落ちているときに消化吸収しやすいものがあればお教えいただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。

専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.
超音波画像診断で肝臓がでこぼこしているようなら肝硬変だと思います。一部がでこぼこしているようなら、腫瘍でしょう。肝臓の腫瘍はゆっくり大きくなっていきますので、部分的なものなら切除手術をしてもらうといいですね。
肝硬変だと治療法はありませんので、対症療法をしていくことになります。
食事は動物病院で処方してもらうものがもっともお勧めです。
yasuyukiをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

丁寧なご回答ありがとうございました。

食事に関してはかかりつけの先生に詳しくお聞きしようと思います。

専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.
これから看護介護がたいへんだと思いますが、主治医と協力していただいて、できるだけ快適に過ごせるようにしてあげてください。
yasuyukiをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問