JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

動物に関する質問でも大丈夫でしょうか。 15歳シーズーと何かの雑種 (拾ったので分かりません) 腹部のヘルニ

質問者の質問

動物に関する質問でも大丈夫でしょうか。

15歳シーズーと何かの雑種 (拾ったので分かりません)
腹部のヘルニアが大きくなりすぎ、痛みを訴えたので手術。
元から心臓が弱く、麻酔は危険、ということでしたが
手術は成功、手術後の心臓の調子も問題ないと言われました。
手術翌日の面会では本人も元気に立ち上がっていましたが、
手術後2日目、肺に水がたまって危ない状況、
と言われ、そのまま亡くなってしまいました。

心臓の悪い子が肺水腫になり、手遅れで亡くなる話は
よく聞くのですが、
病院に入院していても、手が尽くせない、というコトはあるのでしょうか。
もっと早く気づいても、手の施しようはないものなのでしょうか

手術前に肺水腫の危険性は伺っていません。

元から心臓の悪い子だったから・・・といわれても
まだ納得がいきません

お門違いの相談でしたら申し訳ありません
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 5 年 前.
おはようございます。

大丈夫ですよ。

お辛い経験をされましたね。

ただし、高齢の心臓が弱い子には稀に見られるケースで、術後の肺水腫のリスクというのは、心臓が問題ない子でもわずかながらにあるというのが実際のところです。
術後1日経過してからの肺水腫というのはあまり多くはありませんが、おそらく手術による血圧の変化が心臓に影響を与えて、徐々に肺に水がたまってしまったのではないかと思います。

もちろん、肺水腫には利尿剤を使ったり血管拡張薬を使ったりして対応することは可能ですが、あまりに 心臓の状態が悪くなっていたり、血流が悪くなっている場合には、残念ながら病院で薬を使ったり、酸素室に入れても追いつかないことはあります。

術前の説明に関してはどこまでするかという問題があり、確かに肺水腫のリスク自体を説明されていない場合は説明が不足していたといわれても仕方がないかもしれませんが、麻酔や手術によるリスクに関しては、さまざまなことが起こるので、麻酔にリスクがあるという話はもちろんしますし、考えられるリスク要因は説明しますが、それほど一般的にみられるわけではない麻酔後の肺水腫自体の説明はできないこともあります。

肺水腫が起きてからの処置に関しては状況も処置内容も実際に見たわけではないので、それが適切かといわれると難しいところはありますが、文面から判断する限りは、残念ですが、起こりえる状況といわざるを得ません。

ご冥福をお祈りします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございます

 

一点気になることがあるので、

今一度質問させてください

 

手術後1日おいての肺水腫、

徐々に心臓が弱っていたのでは・・・

という事ですが、

翌日の段階では、心臓は問題なし、でした。

そして、翌々日、夜に電話をいただた時の医師の説明は

 

朝から元気がなく、傷が痛いのかと思った

夕方、レントゲンをとり、肺に水が溜まっているのが分かり、処置へ・・・

 

と言われたのですが、

朝の段階で、何かしら分かる事はなかったのか、

その段階で処置を始めていれば変わったのか、

手遅れの状況まで行かなければ気づかないものなのか、

この症状になってしまったら、いつ気づいてもダメなものはダメなのか・・・・

 

今さら、何がはっきりしたところで戻ってくる話ではないですが

言われるままに受け止めてしまうより

少しでも状況を把握する事が、せめてもの供養になるかと思うので・・・

 

やはり、一番ひっかかるのは

病院にいたのに、そんな事がおきるのか

という事です。

 

お手数おかけしますが、回答いただけたらと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

専門家:  Japavet 返答済み 5 年 前.
返信ありがとうございます。

確かに朝から元気がなかったのは、肺水腫が徐々に起こってきていた、あるいは心臓の状態が悪化してきていたという可能性は十分あると思います。
その時に聴診やレントゲンを撮っていれば何かしらわかった可 能性もあります。
そして早めに対処していれば、助かった可能性もあるとは思います。
ただし、これはあくまで可能性ということしかいえませんので、そうではなかったということも可能性としてはあります。
肺水腫は利尿剤で治療できることも多いですが、心臓の状態があまりに悪化していた場合(心臓の弁の断裂など)は、正直なところどうしようもないです。
専門家:  Japavet 返答済み 5 年 前.
他に何か聞きたいことはありますか?

ペット についての関連する質問