JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

我が家に 1999年8月21日生まれの 現在12歳のメスのシーズーがおります。 体重は現在6.6kgです。 これまで 特に大きな病気はしておりません。 避妊手術もし

解決済みの質問:

我が家に 1999年8月21日生まれの 現在12歳のメスのシーズーがおります。

体重は現在6.6kgです。

これまで 特に大きな病気はしておりません。
避妊手術もしていません。

2011年11月 甲状腺機能低下症と僧帽弁閉鎖不全症と診断され
内服薬をはじめました。
この頃から急に衰え始め、体重低下と失禁(多いときで週2~3回 平均週1回強くらい)

そして、水を良く飲むようになりました。

2012年2月初め アカラスと診断され、粉剤の駆虫薬の内服薬(1日1回)と
シャンプー(プロピレングリコール、過酸化ベン ゾイルを含む)、
抗生物質を飲んでいますが 広がり続け、
2012年3月18日上記の内服薬に加え、アミトラズによる薬浴を週に1度行うよう
すすめられました。

アカラスの薬を内服するようになってから衰えがますます著しく
体重低下、時折 歩行困難(後ろ足が立たない)食欲低下、下痢、
今まで大好きだった散歩に行きたがらず、よく寝るように
なりました。

最近 アカラスの薬について調べたところ、一般的な治療法ではあるが
大変強い薬であることを知りました。
犬の体にあまり負担をかけることなく アカラスの治療を
していきたいと思っております。

どのようなお薬を処方してもらえれば良いのか?
今 内服している心臓や甲状腺の薬と併用してよいものか?
教えていただけますでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

高齢になってからアカラス(ニキビダニ)が発症してしまう場合、根本的な原因に免疫の低下などがあり、治療が困難になるケースが多いです。
そしてニキビダニの治療薬は一般的にはイベルメクチンの内服がメインになってきます。

それで効果がない場合は選択肢として
1.アミトラズによる薬浴
2.AdvocateやRevo lutionといったスポットオンタイプのお薬
3.ミルベマイシンの内服
4.その他の治療の併用
といったことが中心になってきます

1は効果が高いことが多いですが、少し負担も強いです。
僕たち薬浴を行う立場の人間でも気分が悪くなることもあり、薬浴後に元気がなくなる子もいます。
ただし、それは通常は一時的なものになります。

2に関しては負担はあまり大きくなく、副作用が出るリスクも低いです。
ただし、効果はやってみないとわからない部分も多いです。負担のない治療法を試してみたいというのであれば、月に一度でいいですしやってみてもいいと思います。

3は効果があることがあるといわれてはいますが、僕は実際に使ったことがないのであまり何とも言えません。
フィラリア予防薬のミルベマイシンを連日投与するというものです。

4は直接ニキビダニに対する対策ではありませんが、細菌の二次感染、皮膚の炎症を抑えるために、抗生剤や抗ヒスタミン剤、また皮膚のバリアを高めるためにサプリメントを与えたりすることがある程度皮膚の状態を落ち着けるためには有効なことが多いです。


特にこれらの薬と甲状腺、心臓のお薬の併用は禁忌ではありませんが、確かに体重減少や元気低下などがあるのであれば、2や4などの負担の少ない治療をする方を選ぶことが多いです。
ニキビダニはダニ自体というよりもワンちゃんの免疫状態が落ちる生で出てくるといわれていますので、今全身状態が悪いのであれば、まずは甲状腺や心臓の治療をメインに考えられるのも一つの方法かと思います。
それで全身状態の改善がみられる場合は、皮膚の方もましになってくることもありますので。
質問者: 返答済み 5 年 前.

早々のご回答 ありがとうございました。ご回答の2もしくは4に変更しても良いのですが、体が弱っているせいか、今寄生しているダニが今以上に繁殖しそうで、それに対しても不安があります。また、皮膚が乾燥していて、かさぶたになっているところがぱりっと切れて、また かゆいせいか かくため 血が出てます。そして、そこから病気になりそうな不安な部分もあります。

乾燥している肌部分に軟膏を塗るのも効果はあるのでしょうか?_

軟膏も負担がかかるようなら、オリーブオイルなど口に入れても大丈夫なオイルを塗って乾燥を防ぐのもダニに対して直接効果はないと思いますが、本人は少し楽にはなるのでしょうか?

専門家:  Japavet 返答済み 5 年 前.
おはようございます。

確かに今のお薬がある程度ダニの繁殖を防いでいる可能性はありますので、今の薬を切ると悪化する可能性は否定できません。
ただし、4は通常ダニのお薬 と併用しますので、細菌の二次感染や炎症がひどそうであれば、一緒に使うのは悪くないと思います。
皮膚の乾燥に関しては軟こうでもオイルでもいいと思いますし、ワンちゃん用の保湿スプレーでもいいと思います。
乾燥を抑えることで痒みや炎症をある程度抑えることができる可能性があります。

それから、甲状腺機能低下症の子の場合は皮膚のバリア機能が落ちたり、油ぽくなり感染を助長することがあるので、薬の体内濃度を測り、不足している場合は、甲状腺のお薬を増量するのも一つの方法かと思います。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問