JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

2才3カ月の、トイ・プードルです。左右とも、停留睾丸で、ソケイブにあると言われました。腫瘍になる確率が高く、手術を勧

解決済みの質問:

2才3カ月の、トイ・プードルです。左右とも、停留睾丸で、ソケイブにあると言われました。腫瘍になる確率が高く、手術を勧められました。 麻酔で、死亡した話など、良く聞くので、迷っています。  この種の手術の得意で、腕の良い獣医師に診察、アドバイスを受けたいのですが。宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 5 年 前.
こ んにちわ。

確かに停留精巣であると腫瘍になる可能性はありますので手術はした方がいいですね。

去勢手術自体は、手術の手技としては一番初歩的といっていい手術ですし、そけい部にある場合は開腹手術をせずに通常の去勢手術と手技はほとんど変わりません(切開部が2か所になる可能性はありますが)
ですので、この手術を紹介でやるということはしませんので、通常の病院で十分かと思います。

ただし、全身麻酔をかけることには変わりありません。
あまり小さい病院の場合は、麻酔医がつかなかったりモニターがしっかりしていないこともありますので、獣医師が複数いるような病院で、できれば駐車場に常に車が止まっている様なはやっている病院でされたほうがいいと思います。
全身麻酔というのは事故のリスクがあるといわれていますが、全身状態が良い若い子で、術前検診で問題ない子であれば、事故の起こる確率は極めて低いです。
毎日のように去勢、避妊手術はしていますが、個人的には命にかかわる事故は診たことがありませんので。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問