JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 5275
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに ペット に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

10歳以上のこざくらいんこです。けいれんをおこし、アドバイスを受け、動物病院にいき、痙攣予防のくすりをもらって内服中

解決済みの質問:

10歳以上のこざくらいんこです。けいれんをおこし、アドバイスを受け、動物病院にいき、痙攣予防のくすりをもらって内服中です。1日2滴での指示ですが、現在けいれんが止まり、えさも自分でたべられるようになりました。今後の受診の予定は6日後くらいですが、くすりを嫌がるようになってしまい、お薬の受診までの投与回数をどうしたらよいか困っています。朝は飲んでくれるんですが、夕の分が難しい状態です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして、診察をしていませんし短い文章からの推測です。適切なアドバイスが出来ない場合もあることをご承知ください。追加の質問や情報があれば書き込みをお願いします。

少し夕方の薬 を与える時間を遅らせて静かで暗い部屋に置きましょう。
それで寝ているとか落ち着いた時にそっと出して与える、あるいは口元に持っていき
与えると嫌がらないと思います。

寒い時期ですし、出すのが大変ならば小ぶりのプラケースに入れて
下にティッシュなどを引いたり、短い止まり木を置いてあげて寝かせるのも手でしょう。

それで薬を与えたり出したりするときにプラケースのふたをあけてそっと薬を
口元に持って行くと飲むでしょう。

鳥は眼が悪いので暗いとあまり見えません。

ご参考までに
wantaroをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問