JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

gaburieruです、おはようございます。 前回、導尿の回数について質問させて頂きましたが、今までは12時間

解決済みの質問:

gaburieruです、おはようございます。

前回、導尿の回数について質問させて頂き ましたが、今までは12時間に一回ペースでしたが、昨日から、6時間くらいたつと、トイレに何度も行き、ポタポタ出ていた尿も出ていないようでした。トイレで頑張ったあとも背中を丸めて、歩くのもやっとです。落ち着いて、寝てないようなので、思い切って、導尿しました。予定時間より6時間ほど早かったのですが。導尿の回数は決まってはないようですが、あまりしたくはありません、感染や尿道を傷つけたくないので。
でも、量は400mlと、けっこう溜まってました。
一日二回の導尿してれば、尿毒症の心配もないと、聞いたこともあるんですが。それと最近のおしっこは色が薄いです。水もたくさん飲んでます。食欲はだいぶ出てきたので、安心してるのですが、水を飲む量を把握して、導尿の回数を変えたほうがいいのでしょうか?今のままでは、一日四回の間隔です。これはどうなんでしょう?それと、尿の色と量からわかる事は、なんでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 5 年 前.
おはようございます。

まず、確かに一般的には1日2回の導尿でおしっこが溜まりすぎて尿毒症になってしまうことはないですが、年齢とともに腎臓が弱ってきている場合は、尿量を増やして体が対応していますので(多飲多尿)、導尿回数を増やさないといけないこともあります。
腎臓の75%の機能が失われてから数値が上がるといわれていますのでそれ以下の腎不全では多飲多尿になることで老廃物を排泄して体が対応します。
こういった事情から飲水量を制限することはお勧めできません。
それから一回にどれくらい溜まっても大丈夫かに関しては、その子その子によって膀胱の用量がかわりますので、一概には何とも言えませんがやはりぽたぽた垂れてきてしまう時とか落ち着かなくなっている時というのは導尿し時になっていると思われます。

ですので、やはり導尿回数は今の時点では2回 では少ない可能性があります。
あまりに導尿しなければならない場合はやはり留置した方が、尿道のダメージを少なくできると思います。

それから尿の色と量からわかることは
1.尿の濃さ
 色が薄いあるいは量が多い(50~100ml/kg/day以上)=多飲多尿という状態になっている=病的(初期の腎不全、ホルモン疾患など)あるいは生理的(味の濃い食事、精神的なものなど)
それから現在もステロイド剤を飲んでいれば薬の副作用(害のあるものではありませんが)で尿量が多くなります。
2.炎症
 尿がにごっている場合は膀胱炎あるいは前立腺炎があることを示唆します
3.出血
 血が混じる場合は膀胱炎あるいは尿道のダメージがあることを示唆します。

見た目などからわかることはこれくらいかと思います。

ここにきてまた食欲が安定してきているというのはいいことですね!
 
質問者: 返答済み 5 年 前.
朝早くに、ありがとうございます。
毎回とても参考になります。

食欲が戻ったこは、本当に安心しましたが、食べてほしくて少々味が濃いというのはあったかもしれません。
あと、急に冷え込んで家もずいぶん、乾燥してます。そういうのも関係しますか?
それらは、改善しやすいのですが、腎臓のこととなると、多飲多尿もありますし書かれてることには、ほぼあてはまります。もう一度検査の必要がありそうですね。留置の件も相談してみます。
初期の腎不全の段階なら、治療はできますか?
専門家:  Japavet 返答済み 5 年 前.
いえいえ、いつもいつもご質問ありがとうございま す。


乾燥していると飲水量はやはり増加します。
その辺は人と同じですね。
濃い味というのは腎臓自体にも負担がかかりますので、食欲が落ちない程度に薄味にされてもいいと思います。

それから、腎不全に関しては治療はできますが、治癒させることはできません。
というのは腎臓の細胞は再生しないといわれていますので、失った腎機能を取り戻すことはできませんので、その少し弱った腎臓でもやっていけるように食餌であったりお薬で維持します。
ただし、治療をしても尿量を減らすということはできません。
初期の腎不全が悪くなるのを遅くするという形になると思います。

少しでもいい方法が見つかるといいですね。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問