JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

Japavetに今すぐ質問する

Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

こんばんは、gaburieruです。毎回、導尿の件で質問させていただいていましたが、病院を変え相談したところ、流動食

解決済みの質問:

こんばんは、gaburieruです。毎回、導尿の件で質問させていただいていましたが、病院を変え相談し たところ、流動食用のカテーテルを提案して頂きました。
ビニールホースの形状なので、途中の突っ掛かりもなく、スムーズに入るようになり、ワンコも私もお互いの負担がなくなり、今のところ導尿に関してはまずまずです。シリンジも硝子に変えたおかげで、引くのも楽になりました。で、病院を変えたついでと、土曜日から食欲が落ち、ずっと寝てる感じだったので往診の先生の指示で、さとう水を飲ませて病院に行き、血液検査、レントゲン、エコーで検査をしました。レントゲンでは左心室が肥大ぎみで、弁も動きが悪く、血液の逆流がみられましたが、老年ならあり得る範囲ということでした。肺は綺麗でした。エコーでは、膀胱の背中がわに、なにかあるということでしたが、今までのカテーテルで、傷つけた跡かもしれません。導尿で時々、粘膜的な血の塊が出てきて、その後はしばらく血尿なので、かさぶた的なものかもしれません。が尿の最後のほうは、毎回濁った尿で、混ざりものもでてきます。触ってみると、ジャリジャリした、砂のようでした。血液検査で正常値を越えていたのが、ALKP429U/L、ALT155U/L、LIPA2723U/L、で膵炎の可能性もありとのこと。
尿検査で培養検査してもらった結果、ビクタスという抗生物質に効果があるかも、ということで処方してもらい、膵炎のほうもその抗生物質でいいというので、飲ませています。今のところ食欲はいまいちですが、水分はとれています。
が、あまり元気はありません。検査結果からは、今すぐ危険な状態ではないようです。

自力排尿にかなり体力を使っているのに、ポタポタとしかでません。尿道が尿がでないほど、せまくなってるわけでもないのに、どうして自力で出ないのでしょうか?絞り出すように、背中を丸めていきんでいるのを見ていると、心臓にも負担があると思います。どの先生も自力で排尿できない理由がはっきりしないようです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 5 年 前.

カテーテルが今までどのようなものを使われていて、どのようなものに変えられたのか、文章からだけで判断ができませんが、もし今までトムキャットカテーテル(少し硬めのどう尿カテーテル)を使われていて、今回、栄養用カテーテルに変えられてうまくいったのであれば、やり取りの上での勘違いでした、申し訳ありません。

通常ワンちゃんの導尿には、栄養カテーテルを使うことが一般的ですので、トムキャットを使われているとは思っておりませんでした。

もし栄養カテーテル以外のものであれば、教えていただきたいです。

とにかく、うまくいく方法が見つかり、よかったです。

 

心臓に関しては、やはり老齢犬であれば、かなりの確率でわるくなりますので、おそらくは尿とはあまり関係ないと思います。

逆流が多ければ、薬を飲んでもらったほうがいいと思います。

Lipaに関してはもちろん水煙の可能性もありますが、現在では、Lipは水煙に特異的ではないといわれていますので、嘔吐や腹痛がなければあまり気にしなくてもいいと思います。

 

エコーに関してはやはり画像を見ないとなんともいえませんが、前立腺が腫れていれば膀胱の尾側背側に腫れてきます。

前立腺以外のものであればもしかするとリンパ節かもしれませんね。

また、尿の最後のほうの濁りが、砂なのか膿(炎症によるもの)なのかは見た目だけでは判断がつかないので尿検査をしてもらったほうがいいと思います。

尿検査で結晶が出ていなければ、それは膀胱炎や前立腺炎による炎症産物ということになります。

 

尿道がそれほど狭くなっていないのに尿が出ないということは落としの個には多いと思います。

膀胱を収縮させる力が弱ってきたところにある程度尿道が狭くなれば、やはりぽたぽたとしか出なくなってしまうと思います。

 

とにかく、少しでも楽に、傷つけずに導尿ができる方法が見つかったのであればよかったと思います。

文面からもう少し早めに気づければよかったです。

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
こちらこそ、説明不足で申し訳ありませんでした。犬のカテーテルはこれしかないもんだと思っていました。最初の病院がそれを使っていたので。今使っているのは、栄養カテーテルです。前のがトムキャットだと思います。しなりはしますが、硬い棒状のものだったので。長い間、痛い思いをさせていたし、傷つけたと反省してます。往診の先生が気がついてくれたので良かったです。

尿検査では結晶はーでした。なので、炎症産物ですね。嘔吐はありません 。腹痛はもしかしたら、若干あるかもしれませんが、特に辛そうに泣くというのはないです。ウンチも少し、今日は柔らかいものでしたが、下痢とまではいってません。ただ、前より寝る姿勢が犬のでいう「祈りのポーズ」わかりますかね?前足を前に出して、頭をペタンというポーズです。なにかの本で腹痛のときに犬がすると書いてました。

気になるのは、リンパ節という言葉です。癌だとすると、転移があってもおかしくないですし。前立腺が腫れてるのは、触診でわかってるので。
心臓の薬は、アセミパールから、レニベースに変わりました。往診の先生も新しくかかりつけになった先生も、深刻な状況ではないし、膀胱の状態が良くなれば、自力排尿もあり得るということで、少しですが、希望ももってます。
往診の先生は、出してる薬にあまり効果がないので、本当なら、心臓の薬だけでいいのにと言っていました。膀胱の状態がなかなか改善され ないので。でも膀胱炎は人間のようにすぐに治るわけにはいかないこと多いらしいし、今までの導尿で傷つけてしまったのもあるかもしれません。細菌も特定されて、効く可能性のある抗生物質の変え、導尿も負担が少なくなったので、少しは、改善されるかもしれません。

ジワジワといろんな症状が出てるので、覚悟は要りますが、仕方ないことかもしれません。

ひとつ質問なのですが、低血糖になる原因ってなんですか?冷えなども関わってきますか?膵炎からくる場合もありますか?また、昼間は寝てることがほとんどなのですが、夜中は結構ウロウロしてるようです。改善策はありますか?
専門家:  Japavet 返答済み 5 年 前.

祈りのポーズは確かに腹痛のときに多いですので、腹痛はありますね。

ただし、前立腺や膀胱からも来ることがありますので、膵炎からかどうかは判断が難しいかと思います。

 

それから膀胱炎は慢性化するとなかなか治りません。

さらに慢性前立腺炎も薬の効きはあまりよくないことが多いです。

ただし、培養して利く薬を決めたのであれば、よくなってくれる可能性もあるのではないかと思います。

 

低血糖が膵炎が直接の原因で出てくることは少ないかと思います。

ただし、膵炎が原因で食欲不振や嘔吐が続けば出てくる可能性はあります。

ひえが原因になることはないですが、低血糖気味のときに冷えると、体温が一気に奪われて危険ですので、あったかくしてあげたほうがいいです。

それから昼間寝ていて夜起きてうろうろというのは老齢の子、特に少し痴呆気味の子に多いです。

あまりひどい場合は睡眠薬などを軽く使うこともありますが、体の負担もあるので、できれば薬に頼らずに、昼間にできるだけ起こしておいてもらうことで対応してもらったほうがいいでしょう。

質問者: 返答済み 5 年 前.
急ぎではありませんが、今のワンコの様子から、もうひとついいですか?

夜の行動なのですが、痴呆はショッキングなことですが、歳からして、仕方ないとして、最後の導尿が昨日の午後8時半ごろでした。頻繁にトイ レにいくのですが、導尿すべきなのでしょうか?たしかに、溜まってくる頃だとは思うのですが、だいたい12時間ぐらいの間隔でしてます。感染などのリスクもあるので、回数は増やしたくないのですが、採ってあげてゆっくり寝ることができるなら、一日三回は多いですか?ちなみに一回の導尿の量は多い時で400-500mlです。一日の平均は700ぐらいでしょうか。水をよく飲むので心配です。

祈りのポーズはいつもではありません。熟睡の時は横にむいて寝てます。ウトウトしてるときは祈りのポーズが多いです。
なるべく昼間に活動させます。が、私がこの時間に起きて様子をみてるので、昼間は私が寝てしまうんですね。お互い、昼夜が逆転してますが、なんとかします。
専門家:  Japavet 返答済み 5 年 前.

返信遅くなり申し訳ありません。

導尿の回数に関しては1~3回でその子によって変わってきます。

確かに回数が増えれば感染のリスクは多少増しますが、一度3回に増やしてみて、それで落ち着いて寝れるのであれば、僕はそうするメリットは大きいと思います。

 

それからうとうとしているときに祈りのポーズであればそれは祈りのポーズではないと思います。

祈りのポーズはかなりおなかが痛いときにそれを少しでもましにするためにとるポーズですので、それがあるときに打とうとなんてできないと思います。

眠たいポーズがたまたま祈りのポーズに似ているのではないかと思います。

 

できるだけ昼間に起きていてもらえるよう、飼い主さんとワンちゃんともに昼型にできるだけ戻してみてください。

昼寝ていれば、夜起きてしまうのも無理はありません。

Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験: 獣医師
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    63
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    63
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    1
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    0
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • /img/opt/shirt.png atlus302 さんのアバター

    atlus302

    獣医師

    満足した利用者:

    198
    臨床家
  • /img/opt/shirt.png merqry さんのアバター

    merqry

    獣医師

    満足した利用者:

    177
    北海道大学獣医学部卒業Ph.D
  • /img/opt/shirt.png arinko さんのアバター

    arinko

    獣医師

    満足した利用者:

    16
    小動物のの臨床医療を16年しています。
  • /img/opt/shirt.png crest さんのアバター

    crest

    獣医師

    満足した利用者:

    15
    国内獣医科大学卒業院長経験あり