JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

膵炎の疑いで12/6質問したものです。バリウム検査のため入院し、バリウムは問題なしでした。リパーゼのあたいが5.ちょ

解決済みの質問:

膵炎の疑いで12/6質問したものです。バリウム検査のため入院し、バリウムは問題なしでした。リパーゼのあたいが5.ちょっとで膵炎農耕著のことでした。そのまま入院しています。7日に入院し、点滴管理ですごしています。かなり強い吐き気止めを使 用しているようですが今日も吐いたそうでご飯も未だに止めています。抗がん剤の副作用に使うくらいの吐き気止めを使っているそうです。ストレスも考え、回りに犬などもいるため静かな場所に移してくれたそうです。今日の検査で黄疸とALPなどがあがったそうで緊急に呼ばれ今後のことを説明されました。厳しいことも言われましたが、まずは吐き気をしっかりとめ、ご飯を食べさせたい、先生も出来る限りがんばります。といってくれました。元気になりますか?明日はエコーもするそうです。WBCは6000くらいでネコ特有の炎症反応、人間で言うCRPは結果待ちです。このままだと高カロリー輸液も検討しないといけないとも言われました。私も毎日泣いています。会いたいのですが、会ったらネコがもっと寂しがるから会わないほうがいいのか、でも今すぐにでも会いたくてたまりません。明日会いに行こうと思いますが具合が悪いのに迷惑でしようか。もう病院に住み着きたいくらいです。どうかアドバイス
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 5 年 前.
黄疸とALPの上昇というのは胆嚢、胆管系の異常を示していますので、三臓器炎(膵炎、十二指腸炎、肝・胆管炎)になっている可能性が高いです。
これらの臓器はかなり近い場所にあるので、たとえば膵炎があれば、その炎症が胆管や十二指腸へ波及します。

この治療法に関してはとにかく点滴をしながら薬を使い、ご飯を食べさせて行くことしかないと思います。
正直なところ、 元気になるかどうかは経過を見ないとわからないと思います。
かなりひどい炎症がある場合は、人の膵炎と同じく命にかかわることもありますので。

僕は面会はしてもらった方がいいと思います。
調子が悪い上に知らないところで緊張もあると思うので、顔を見てなでてあげるだけでもかなり違うと思います。
会って触って少しでもリラックスさせてあげてください。

早く良くなってくれることをお祈りしています。

Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問