JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 63
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに ペット に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

はじめまして。金魚の塩水浴について質問します。純水から0.5%濃度の塩水にすると体液の浸透圧に近づく

質問者の質問

はじめまして。 金魚の塩水浴について質問します。 純粋から0.5%濃度の塩水にすると体液の浸透圧に近づくため、浸透圧調節機能の負荷を軽減することで 消費エネルギーやストレスを緩和し、プロラクチンなどのホルモン分泌も 改善され免疫機能が正常に戻ることで 初期であれば、症状が回復することもある。という事は理解しています。 塩と同時に薬を使った場合、エラ、皮膚、ヒレでも浸透圧の塩イオンの輸送は行われていると思いますが、 薬効はどこまで効果があるのでしょうか?表皮まで到達できるのでしょうか?それとも粘液まででしょうか? 鰓は鰓葉まで届きますか? 細菌は特定糖鎖に結合するということは理解しています。 また、エロモナス細菌は体内感染も起こすと聞きます。 体内感染した場合はどこの動物病院でも治療してもらえるのですか? 最後に0.5&塩水にすると、純水より糖タンパク質が溶解しやすいと思うのですが、 このことによる弊害はありますか? どうぞよろしくお願い申し上げます。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  高橋 賢 返答済み 6 年 前.
livikumaさんの問題点を整理すると、

1. NaClと薬剤を併用した場合、薬剤は表皮からどの程度の深度まで到達するか?

2. エロモナス菌感染症は通常の動物病院で治療を受けられるか?

3. 0.5%塩水中では純水中より糖蛋白質が溶解しやすいが、これが魚の健康に何らかの害を及ぼすか?

ということでよろしいでしょうか?

ペット についての関連する質問